blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« for my mother | HOME | Le bouquet du jour »

2017年4月 1日

かわいそうについて。


ブーケを束ねる時にはいつも余分な葉っぱや

花を落とすネトワイエ(掃除)とよばれる作業があります。

ブーケレッスンのときに、このネトワイエを説明するときに、

ときどき、下の方についた花を落とす時があって、

そのときによくきくのが

「かわいそう。。」

という声です。


こういうときおれは

最高に綺麗なブーケにしないほうが罪だ。と思う。

俺たちが扱っている切り花は、下の花を落とす前からすでに

根っこから切り離して、命をもらっている。

花屋に入った瞬間、根っこから切り離された花々を見てかわいそうという人はあまりいない。


花は「活ける」という。

人間の都合で切り取った切り花にも一度命を吹き込む行為なので、

活けるとか生けるというのだろう。

俺自身こういう話を深く考えているわけじゃないんだけど、

かわいそう。という声には、違和感がある。

植物の命の力を借りて、綺麗なものを作り出すことで

また多くの人が、植物の魅力に気づいて、その植物が種を残していくことにつながる。

俺がしていることは昆虫と同じ。

自分の営みのためにある花を犠牲にして、しかしそれが

その花の種を残すことにもつながっている。


例えば、写真のように花首を切り落としてコラージュを作ることがある。

随分昔だったけど、これを見た日本在住のフランス人フローリスト

(地方で活動していてあまり知られていない人)が、花を切ってしまってこれはよくない。

というような意見をくれたことがあった。

日本語ができないみたいだったし、ご存知の通り俺のフランス語も英語もひどいので、

きちんと考えを伝えることはできなかったんだけど、

その人の作品を見て、

その花のほうが、全然活かしてあげられてないんじゃないかなと思った。

ただ、俺は花を活かしていきたいという思いで、この仕事をしているわけじゃないので、

こういうことをよく考えると、

結局、俺は俺のエゴで綺麗だなぁと俺が感じるものをオナニーのごとく作り出しているだけで、

正当化するのはちょっと無理があるなぁと思う。

ただ、オナニー的な行為なんだけど、

フェイスブックやインスタグラムを見ていると、

これによって多くの人たちがちょっと喜んでいるので、

おれはこの行為を近しい人には前戯だと主張している。


いいね!と押されているボタンは

いいっ。。ねっ。。という意味で受け取っている。

そのつもりで、これからも楽しんでいただければと思う42歳なのです。

17629966_1225520514167792_2576084563527693013_n.jpg


↓アイロニディプロマ生や花仲間がたくさん参加しています!自分にぴったりの花屋探しにもぜひ!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!

谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Monthly Archives

PAGE TOP