blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 東京への一歩 | HOME | 花のチカラ »

2009年3月 1日

さらばオチアイズム




長年続けてきたバスケでも、現在の花の仕事においても

僕のスタイルはオチアイズムに根ざしている部分が多かった。


オチアイズム。。

それは往年のスラッガー、現中日ドラゴンズ監督 落合博満氏の一言を聞いた僕が名づけた主義・思想のことである。


あるスポーツ記者が、いつだったか落合氏にこう質問した。

あなたにとって最高のホームランとは?

その質問に対して落合氏はこう答えた。


フェンスを越すか越さないか、ぎりぎりのところで越えたっていう当たりが素晴らしいね。


そう、場外まで飛ばす必要などない、あのサクを越えれば同じホームランなのだ。

最小の力で最大の成果を得る。ビジネスにおいては必須であろう合理主義だ。


僕はバスケにおいても、仕事においても長年そういうきらいがあった。

だが少し間違っていたことに最近気づいた。

僕がしてきたことは、最小の力でなるべく大きい成果を得る。であって最大の成果ではない。

そういえば、バスケ時代もいいプレイヤーではあったと思うが、一流ではなかった。


この壁を越えるには、人が無駄とも思えることを積み重ねなければならない。

その積み重ねが、報われることがたまーにあって、それこそが一流と呼ばれるものなのだろう。


もちろん落合氏は一流です。

あの僕が聞いた一言はある一面であって、あそこにたどり着くまで数え切れない無駄を重ねてきたから出てくる言葉なのであろう。

これまで通りビジネスにおいては合理性を追求する必要がある。


僕が積み重ねていきたい無駄は花に対するこだわりです。

クライアントが満足してくれるラインを越え、決して独りよがりにやり過ぎないなかで、一人でも多くの人の心に響くような花を

ぎりぎりまで模索していきたい。


スマートな生き方よりもみっともないくらいのほうがかっこいいなと

最近思います。




もっとも僕らしい花をデザインしてるリュクスクラス

芦屋と東京でやってます。

http://www.illony.com/school/2009/02/post_1.html

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP