blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 芦屋本店 | HOME | おひるとおやつ »

2009年9月 6日

季節を贈る花 002 yves piaget





南青山の出店準備も着々と進行中です。

ここでも多くの方に協力いただき、徐々に形になりつつあります。

芦屋と南青山 二つともの店をよりよくするという新たな挑戦にワクワクしながら、みんなで色々な仕組みを考え出し、取り組んでいます。


多店舗化の非効率性を補う仕組みづくりが多いのですが、

それを補ってあまるほどの利点があります。


現在クライアントである企業様には、東京・大阪・神戸で同じ内容の花をご提供できること、打ち合わせや決済を一元化できることは、非常に大きなメリットと感じていただいてるようです。

また芦屋店においては、今までは関西ではあまり目にすることのなかった花材を毎週大田市場で仕入れることで、関西の他店との差別化に成功できると感じています。

芦屋本店を御利用の皆様はぜひ大田で選び抜いたアイロニ花を見に来てください。

そしてそんな大田市場から以外にも、芦屋店には東京には出荷していない生産者さんがつくるとびきりの花も入荷します。


先月から、始まった連載コラム 季節を贈る花 の第2回で紹介してる大好きなイブピアジェも

とびきりの品質のものが芦屋店にだけ入荷します。


今月は、連載コラム 季節を贈る花 も

リュクスクラスも イブピアジェ を取り上げました。





と思っていたら、今月発売の花時間にもイブピアジェの特集記事がありました。 イブピアジェ、モテ期やな。。

この花時間、イングリッシュローズを取り上げた巻頭の特集で、いくつかの作品を活けさせてもらいました。

こんな風に、東京での撮影に呼んでもらいやすくなったのも、東京進出の大きなメリットです。


新たな展開を見せる今後のアイロニーもどうぞお楽しみに。

そして変らぬ御愛顧をよろしくお願いいたします!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP