blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« これは来てほしい | HOME | おやじ »

2011年6月 3日

自然と生きる




おっ、またまた由美さんに抜かれたー。




 

ここ最近、いろいろな人との出会いによって

自然と共生するということについて考えることが多かった。

ローズファームケイジさん親子は、バラを育てるというのはおこがましい、バラは勝手に育っていくので、そこからいろいろ教えてもらうと話してくれた。

森林保護や森との共生の意識を高めていくようなイベントを主催するためにがんばっている女性とも出会って共感した。

西畠清順のブログや、中村のんさんのツイッターからの情報で
バオバブの記憶やアレクセイと泉というドキュメンタリー映画をとっている
本橋成一さんの作品を見た。


原発のことや国会でわめいているおっさんたちには吐き気がする。




ジブリとかアバターに描かれている世界とか

ヒッピームーブメント。


俺はそれほど頭がいいほうではないので

こういうことを考えても残念ながらなにも答えは出てこないのだけれど


富を求めすぎず、自然に敬意を払って、自然に感謝する気持ちを忘れない

ということを少しでも多くの人が守れれば、世の中は少しよくなるということは本気で思う。



だとしたら、

だまし合いや足の引っ張り合いや他人のあら探しばかりしてるバカなおっさん達よりずっと



俺たち植物を扱う仕事をしてる人間が担う役割は重要だ。


植物の素晴らしさ、偉大さを

花の美しさ、人を癒すちからを


ひとりでも多くの人に伝えなければならない。



そうか、この世界の未来は俺たちがつくっていくことだってできて



社会を動かしていると思っているあのおじさん達は

実はお茶の間を楽しませている悲劇を演じている役者さんたちなのかもしれない。











  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP