blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 27.Allen 岡山イベント情報 | HOME | 嬉しいメールの紹介 »

2012年8月31日

すべてはいい花をつくるために

IMG_7193.jpg


先日、久しぶりにバタバタと忙しい日があって、Facebookにこんなことを書いた。

『今日は楽しい一日でした。

3店新しく決まった書店さんの他にも注文いただいて

FLOWBULOUSは220冊ご依頼いただきました。

天下のあの会社から新しい施設への出店の話も頂いたり(新店を増やせる状態ではありませんが。。)

履歴書が急に4通届いて二人を今日面接したり。


あまり花には触れない日でしたが、俺の仕事はそういう仕事です。


ブーケを束ねたり、花を活けたりするのは全体の1割程度です。


いい花を 自分の納得のいく花を作る為に、

写真を撮ったり、本を作ったり、営業まわったり、

仕組みを作ったり、チームを整えたり、アホなことをSNSで発信したり。

すべてはアイロニーをいい店にする為に、すべてはもっといいブーケをつくるために。

それによって出来る笑顔を増やすために。』


これを書いていて、なんで俺こんなことやってんのかなと考えた。

自然にやってることなんやけど、スタッフからすれば、


花のことをせずに本を売ることばかりしてると思われてるかもしれない。

仕事せずにFacebookばっかりしてると思われてるかもしれない。笑。


まぁそうなんやけど。


でも、俺にはずっと焦りがあります。


芦屋にはなかなか勝てない花屋がある。

東京には人気も実力もある花屋がいっぱいある。

俺より才能も、技術もあるフローリストなんてなんぼでもいる。

一刻も早く追いつかなければならない。

どうやって?

花屋を育てるのは仕事です。

仕事をもらうしか無い。


仕入れ量が増えれば問屋さんや市場との関係が強くなっていい花が仕入れられるようになる。

たくさんの花を扱えれば、技術も上がるし、花のよしあしがもっとわかるようになる。


難しい仕事への挑戦は、デザインの幅を広げてくれる。


認知度と経験値が死ぬほど欲しい。


取扱い書店も急増!!3000冊突破!アイロニ花写真集FLOWBULOUSはこちらから→ http://www.illonyshop.com/


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもクリックありがとうございます!!


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP