blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 誰かが喜ぶことを考える | HOME | 正月なんて »

2012年12月28日

助走の三歩

IMG_1508-2.jpg

今年はクリスマスが例年の倍のオーダーをいただいて、そのまま年末のお正月花へとなだれ込み

今日芦屋に帰って来て、恒例のお正月レッスンをふた枠終えて、残すは明日のラフィリエのお正月レッスンを残すのみとなった。

年が明けても、店は4日まで休みやけど、定期装花のメゾンが2日から営業のところが多く、あいかわらず休みはないし、

誕生日の贈り物は正月だろうと関係ない。


しかしながら、一年という区切りを迎えて振り返ると、

今年はなかなかタフな一年だった。


去年の暮れに起こった主力スタッフ3人が退職という3歩の後退を

もがき続けて、年末の今、状況を見てみると、3歩進んで元の位置まで戻った。

バスケをしていたとき、俺は大きなケガはしなかったほうだけど、

ケガというトラブルは、チームメイトを含めて身近にあった。


スポーツ選手にとって、ケガというのは大きな後退のように感じるが、実はそうではないことも多い。


多くのスポーツ選手は、ケガをしてそれが治るまでの間、

別の部分を鍛える。

それまでは、あまり時間を割けなかった部分のトレーニングに集中して、完治したときは

以前よりもパワーアップしたりスキルアップして帰ってくることが出来る。

また、人の身体にはバランスを取ろうとする力があって、

例えば右手をケガしたとき、左手を鍛えまくると、ケガが治ったとき、右手も以前より力が強くなったりする。


今年のアイロニーはまさにそんな時期だったように思う。


三歩下がったけど三歩すすんで元の位置まで戻った。


しかし位置は去年いた位置と同じでも勢いは全然違う。


来年は、いい一年になるような気がする。

もし、これを読んでいるあなたが、今なにかトラブルがあって、進みたいのに進めないなら

ぜひ別の箇所を鍛えて次の機会を待って欲しい。


いつか元の位置に立つときに、その筋肉が以前とは別の次元へあなたを導いてくれるはずです。

そして俺はというと、今日は一年で一番楽しみにしてる、八方・今田の吉本楽屋ニュースの日だ。

これを見て24時から28時まで腹がよじれるほど笑って腹筋を鍛えようと思う。


急いで帰らなければ!!


↓いつも応援ありがとうございます!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックありがとうございます!! 


芦屋店スタッフ急募!!一人決まりました!年明けに男子を一人熱望!!
→ http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP