blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« パリ店今日のディスプレイ | HOME | アイロニーパリ店ギャラリー初個展 »

2015年6月 1日

パリ店初母の日

10003914_811120412274473_2750844912120669793_n.jpg


5月31日今日はフランスの母の日でした。


いつもはまだちらほらしかお客さんのこないアイロニーパリ店も
さすがに今日はいつもよりちょっと低めの価格帯のブーケを

たくさん用意して店の前に台を置いたりして試してみると、
ひっきりなしにというほどでもなかったけど、たくさんのお客さんがブーケを買って帰ってくれた。


そのうちの一人の女の子がとても印象的だった。


ちょっと気むずかしそうな60歳くらいのマダムと一緒に入ってきた12.3歳の女の子。
入ってくる前から店の前でもじもじしてる感じなのがちらっと見えてた。

花を見ながらマダムが早口で女の子になんか言ってる。
すごく遠慮がちな女の子。

作り置きのブーケをひとつ選ぶと、
マダムがこれを頂戴みたいなことを言ってる。

メルシーといってラッピングしてる間もずっとキラキラした目で
ブーケをみている。

そのうち感極まったように、マダムを少しかがませてぎゅっと抱きついた。
気難しそうなマダムも一瞬だけ嬉しそうな顔を見せた。


おばあちゃんが孫に母の日用のブーケを買ってあげてるのかな。
ラッピングしたブーケを渡すと、宝物を手に入れたような顔をしていた。

彼女はたぶん、ブーケを見ながらママの喜ぶ顔をずっと想像していたに違いない。


パリがどうとか、歴史のある空間がどうとか、そんなこと全部関係ないくらい、
今日のあの女の子があんなに喜んでくれただけで
アイロニーが無理してパリに店出した甲斐があったと思えた。


↓いつもクリックありがとうございます!!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!


スタッフ募集詳しくはこちらで
http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP