blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« ブログ霊 | HOME | メニル通りの人々 »

2015年7月20日

クリストフと大西

11071807_833408496712331_1921243769691385523_n.jpg

10418982_833408516712329_4601923477166113682_n.jpg

パリ郊外で葉物や枝物をつくり、ランジスには持ち込まずに
トラックに乗せて花屋を回っているクリストフ。
その昔トルチュがクリストフにたくさん買ってあげるので
どんどん作りなさいと言って、トルチュのその新しいナチュナルな雰囲気を
確立するのを支えたフォイヤジスト(葉物や枝物を専門にしている生産者や問屋)だ。
そのクリストフがうちにも来てくれるようになった。
もうバカンス前なので種類は少ないよ。といいながらトラックの中には、
ランジスで見ることないような素材がたくさんあって光り輝いていた。

その昔、芦屋の店を始めた頃、姫路生花の大西が、同じように、
大阪の市場で見ないようなものを集めてトラックに乗せて、阪神間の花屋を回っていた。
その当時はまだ少ししか量を買えなかったんだけど、
うちにも来て欲しいと言って、回ってもらっていた。
彼も限られた時間でトラックに積んだ花をたくさん売らないといけないので、
ちょっとしか買わないような店は回ってる場合ではない。
でも、来て来てとうるさく言ってくるし、同世代の俺を応援してくれる気持ちで回ってくれていた。
そこで、彼も仕事なので、ぐいぐい押し売ってくる。
ちょっと触って迷ってるものがあると、買うといってないのに、
気がつくと伝票につけて、買ったものと一緒に店に置いていってる。
すぐに電話して文句を言ってケンカするという日々だったけど、
そのあと売る努力を必死でしたし、多くの花の知識は大西が教えてくれた。

あそこに負けない花をつくる。あそこに負けない品揃えをすると、ギーラギラしていたのを思いだす。
パリの人たちは大げさに褒めてくれるので、ついつい気持ちよくなっちゃうけど、
本当に心に響いてるかの判断は、数字でしないと意味がない。
また一からギラギラしていこう。



↓いつもクリックありがとうございます!!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!


スタッフ募集詳しくはこちらで
http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP