blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 夏の読書感想文 | HOME | 芦屋短期集中ディプロマコース追加クラス決定!! »

2015年8月13日

Princess Kate

11828540_843831115670069_4659243538473684175_n.jpg

アイロニーのスタイルは素材を生かすものなので美しいものを探すということはとても重要な仕事です。
早朝の市場でとびきりのものを探しだすのはもちろん、
市場には出回らないようなものにも目を向けて探し出すことも必要だ。
数年前にとある有名な生産者さんが、こういった。アイロニーは業界のスタンダードになっていくと。


とくに独特なことや難解なことをしているわけではないが、
少し新しいことをして、そしてウェブや写真集でたくさん発信をし続けている。
多くの花屋の目に留まり、使われている素材は需要が高まると。


写真集フラビュラスの写真で、問屋さんに注文をする人や、
婚礼の打ち合わせに使っていた大手の花屋さんもあったらしい。

パリに支店をもった初めての日本人花屋になったことで、
業界内でも少し注目してもらえるようになって、
ありがたいことに生産者さんからサンプルが送られてくるようなことも多くなった。


自分の育てた花がアイロニーのブーケになったところが見たいと
めちゃめちゃ嬉しいことを言ってもらうようなことも出てきた。

今日は静岡のクレマコーポレーションさんの、様々なクレマチスをつかってブーケを束ねた。
クレマコーポレーションさんのクレマチスは苗のほうがメインなのであまり切り花では見かけない。
今日メインでつかったプリンセスケイトという品種は、
うつむきがちに咲く花弁の裏にほんのりはいる色が上品だけど色気のある素晴らしい逸品だった。
パリのライバルたちもこれは羨ましがるに違いない。




↓いつもクリックありがとうございます!!↓
↓大暴落してるやん!!!クリックお願いします!!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!


スタッフ募集詳しくはこちらで
http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP