blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 11月のパリ店ベーシックレッスン | HOME | 東京短期集中ディプロマレッスンのお知らせ »

2015年10月31日

一人ブレーンストーミング水揚げ

11061327_877145932338587_5249911603726275923_n.jpg


今日はパリ店で一人黙々と水揚げをしながらいろんな考え事を。


スマホを使ってる人って世界でどのくらいいるんだろう。

メールを送る人って世界でどのくらいいるんだろう。

手紙を送る人って世界でどのくらいいるんだろう。

花を贈る人って世界でどのくらいいるんだろう。

いまよりもっと多くの人が花を贈るようになるような画期的な発明ってどんなかな。

ものすごく安くてものすごく手軽にできるようになれば人は花を贈るだろうか。

花手紙ってあったけど、あれどうなったんだろう。

それとももっと欲求を刺激するようななにかだろうか。

買わずにはいられないみたいな。

そういえばネイルサロンって昔はなかったのにいつのまにか普及したよな。

昔はね、花屋で花を買って花束をつくってもらってそれをプレゼントしていたんだよ。
みたいな世界を想像してみる。

ペイフォワードみたいな世界の変え方とか。

それともビートルズみたいに世界中を夢中にさせるような花屋とか。
ブーケみたら気絶する人続出みたいな。

画期的なアイデアもそうだけど、どんなものも必要とされている状況があって、
それを普及させた人たちの苦労もあるんだろうなぁ。

いまよりもっと人が花を贈る世界って、そもそも一人どのくらい贈ってほしんだろう俺。

花を贈ると女の人がめちゃめちゃ喜ぶということを知らない人全員に
そのことを伝えることに成功したらどうなるのだろう。



あー、やっぱり世界一好きな花屋があるという人生はいいなぁ。




↓いつもクリックありがとうございます!!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!

日本のスタッフ募集の詳細はこちらで
http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html

パリ店スタッフ募集の詳細はこちらで
http://www.illony.com/taniblog/2015/09/post_743.html


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP