blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« パリであなたの花束を 035 Château de Chambord | HOME | 谷口好感度アップキャンペーン第3弾。 »

2016年7月20日

ナイス俺。

3718779_1011711125548733_8909679575158254229_n.jpg

嫁と息子をパリに呼んでいます。

そして今年は念願であったオカンをパリに招待するという

偉業をなしとげました。ナイス俺。

不登校したりとかなり手間のかかる子供だったので

せめてもの親孝行を。


家族をあちこち案内していて

家族目線、とくにオカン目線で数日ものごとを考えていると

パリのほうが花屋(息子)の仕事は重宝がられている感が高いように思う。


メニル通りの人々はもちろんだが、パリ郊外のクーランス城に行った時に、

チケット売り場のおねーさんが、あれ?あなたブーケの人じゃない?と

声をかけてきて、インスタフォローしてるの!すごく綺麗だわ!と褒めてくれた。


ちょっとお母さん、息子さんパリ郊外で顔さしてるじゃないですか。とかなりのドヤ顔になっていたと思う。

フランス人のほうが感情表現が大げさなのもあると思うけど、

花屋をアーティストと見てくれる人が多いように思う。


昔フランスに花の修行に来てた花屋の知り合いが

日本より花が身近な分、花がそれほど特別じゃないので

花屋が日本のようにありがたがられるようなことが少ないと聞いていたけど、

俺自身の体感としては、パリの方が花屋の存在価値は高いと思う。


これは、俺の虚栄心とかそういうことだけじゃなくて、

仕事を進めるのにとても大事なこと。

アーティストとして尊重されていればいるだけ

綺麗なものが作りやすくなるように思う。


このパリでも有数のデザインホテルであり5つ星ホテルの、レバンでの仕事もそうだ。

オーナーのジャンピエールは花のテイストから飾る場所まで一切を俺に任せてくれている。

ここが自分でも一番気に入っている花と空間だ。

そしてオカンがここの花を見て、空間とぴったりやなぁと

言った。


初めてパリに来たくせになかなかやるなぁと思った。




↓アイロニディプロマ生や花仲間がたくさん参加しています!自分にぴったりの花屋探しにもぜひ!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!

谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】「パリクラス」
→ 【日本】「短期ディプロマレッスン」「ビストロアイロニー」
→ 【パリ】レッスンとガイドはこちら
→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください



→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP