blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 9月帰国時の特別レッスン | HOME | IOANNA DESCHAMPS »

2016年9月 1日

R.I.P

14141602_1042317849154727_4977640897502492745_n.jpg

フリーランスでアイロニーを始めたとき

ろくに修行もせずにはじめたので

市場にいっても市場の人も花屋の人も

なんだこの素人の若いおにいちゃんはと言った感じで

店も持っていないし、経験も知識もないし

ただ自分で花屋だと名乗っているだけの生意気な小僧だった。


関西で有名な花屋さんたちが

みんな楽しそうに輪になって情報交換やら世間話をしている横を、

なんだか仲間はずれのような気分で通り過ぎていた。

そんな仕入れの日々だったけど、あるときひとりのおじいさんが声をかけてくれた。

どこでやってんの?

今思い返すと、同業者に同業者として市場で話しかけられたのは

あれが初めてだった。


それからしばらくそのおじいさんはおれの唯一の花屋の知り合いになった。

市場でそのおじいさんを見ていると、

いれかわりたちかわりいろんな人が楽しそうに話しかけてきて、

軽口を交わして、笑顔で去っていった。

あるときこんなことがあった。

仕事で使いたい枝物があって、

それはおれは使ったことがなくて、

日持ちするか不安だったんだけど、

綺麗だったので、どうしても使いたいなぁと悩んでいて

そのおじいさんを探して、聞きに行った。

この枝って日持ちします?

おー、全然大丈夫や。めちゃめちゃもつで。

と先輩はすぐに教えてくれた。


おれは安心して仕事で使って、4日後メンテナンスにいったら

くったくたに水が下がって、慌てて別のものと取り替えた。

翌週、おじいさんが、

おい、あれあかんかったやろ。笑。と話かけてきた。

まんまとはめられたわけだけど、不思議と腹は立たなかった。

なんだかよくわからないけど、花屋の世界にようやく入れた気がした。

それからもずーっとそのおじいさんとは花屋仲間だった。


うちがすこしずつ大きくなってきて、

ブランドの仕事をたくさんさせてもらえるようになって、

調子にのって東京に進出しようとした時に、

おじいさんが大病を患って手術した。

死んでもおかしくない大手術だったらしい。

でも、手術は成功で一命をとりとめた。

京都まで車を走らせて見舞いに行って、

ガリガリのおじいさんにいつものように軽口を叩いて話をきくと

手術のお金のために店も家も手放したと言っていた。

退院したあと、生活のために仕事はしないといけないと言っていたので、

おれは本気で雇いたいと思っていろいろなにか方法はないかと考えていたんだけど、

勢いのある大きな問屋さんが

顧問のような形で雇ってくれるようになったという話を聞いて

おれはなるべくこの問屋さんでたくさん花を買おうと決めた。


それからまた数年後、長年右腕のように支えてくれた盟友が

うちを辞めることになり、

その問屋さんが運営する近くの花屋を任されることになったときは、

なんだか釈然としない気持ちもちょびっと感じてたんだけど

そのおじいちゃんがパリッとした格好で、

わざわざおれのところに頭を下げにきてくれて、

おれは一発で気持ちが切り替わって、友人として、

うちではできなかったチャンスを与えてくれたことに

感謝しているのでこれまで通り宜しくお願いしますと伝えた。


もうヨボヨボであるくのもしんどそうだったけど

どこの英国紳士だよっていうようなかっこいい服を

かっこよく着こなしいて、

帰り際にいつでも女の子紹介してくれてもいいぞと言っていた。

本当にかっこいい花屋だったなぁと思う。

R.I.P

先輩お疲れさまでした。






↓アイロニディプロマ生や花仲間がたくさん参加しています。自分にぴったりの花屋探しにもぜひ。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!

谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】「パリクラス」
→ 【日本】「短期ディプロマレッスン」「ビストロアイロニー」
→ 【パリ】レッスンとガイドはこちら
→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください



→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP