blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 谷口次回帰国中のイベントとレッスン | HOME | パリ・アパート貸します »

2018年7月 9日

ジェルブロアへ。


昨日はまたブーケの撮影にジェルブロワへ。
ツアー申し込み者はなくて、研修生かずみんとふたりだったので、
あまり詰め込まずのんびりスタート。
いつもと違う道を通ってみたら、
道から遠くに大聖堂が見えたので立ち寄ることに。


Senlisという古い街。
これといって見所がないのか、観光の人は多くなさそうなところで
情報もすくなかったけど、かなり古い街並みがあちこちにのこっていて、
映画の撮影にも使われていることが多いそう。
王妃マルゴも髪結いの亭主も。
街歩きの様子をインスタライブ でシェアしているので、
まだしばらくは見てもらえるかと。


ジェルブロワのほうがもちろんみどころも満載なのですが、
残念がら電波状況があまりよくないのでいつもライブは不発に終わります。
昨日はいったことないレストランも試して、
おもいっきり原っぱで昼寝もしてきました。
ジェルブロワ、バラはもうほとんど咲いていないのですが、
紫陽花やタチアオイの時期も綺麗でした。


最近こういう花がらみの観光名所に訪れるたびに思うのですが、
花を見るために遠くから人がやってきて、
観光として成功してる要素ってなんだろうと考えます。

ジベルニーのモネの庭なんか、世界中からものすごい人が集まってきている。
もちろん庭とか花の美しさだけで人が集まってきているわけじゃないし、
どちらかという観光の要素の一つだと思うんだけど、
ジベルニーもジェルブロワも、庭とか花の要素がかなり強い。
もちろん、季節でも限定される。あじさい寺で有名な
鎌倉の明月院とかもたくさんの人が集まる。


アートの展覧会みたいなことでも思う。
アーティストがよくSNSで何万人動員しましたー。
みたいなことを投稿しているのを見て、花だとどうなのかなぁと思ったり、
若手のフラワーアーティストなんかは、個展をするなら
ニコライがどっかのお寺で個展をしているときに合わせて、
近くに場所借りて個展すれば、ついでに花好きがた
くさんみにきてくれるんじゃないかと考えたりw


とにかく人が集まる場所に花があるということは、
イベントに花飾ったり、とそもそもの我々の仕事だし、
そういう場があって、人に縁が生まれたりするのを
よく見ているといいものだなぁと思うし、

そういう場があって、その余韻を楽しむためとか、
その情景を家に持ち帰るために、ブーケがあって、
花屋があるのかなぁと思ったり、
なんか、アイロニーはすることしないことを限定しているので、
綺麗と思う花だけをしていくために、
それでもなおかつスタッフたちが十分な報酬を受け取って、
またきれいな花を生み出すことに専念していけるような環境をつくるために、
あれこれ工夫していく必要がまだまだあるんだけど、
なんかこういうところに大事な答えが隠れているような気がするんだよなぁ。

36802659_1665542416832264_6229279910234423296_n.jpg


36831845_1665542440165595_8100210828793348096_n.jpg


36865709_1665542453498927_6660489524331675648_n.jpg


36872570_1665542516832254_4820474231340924928_n.jpg


36854816_1665542536832252_1225353267605667840_n.jpg


36808268_1665542620165577_6903550575539912704_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2018年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Monthly Archives

PAGE TOP