blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 伝える、ときの相手の目線 | HOME | Pour restaurant Virtus »

2018年10月14日

ゴールにある理想のブーケ

一昨日の夜、いつも花を頼んでくれる5区のアルチザン食器のセレクトショップ.
@latuilealoup のオーナーであるエリックにディナーに招待してもらった。

もともとエリックを紹介してくれた、
パリ在住のカメラマン @sumiyo_ida さんと三人の楽しいディナーだった。


実は前記事で書いた、おれが失敗したこの前のインタビューをしてくれた人が、
もう一度やり直しましょうと言ってくださった。

ずっとなにを話すべきか考えていたので、
エリックとのディナーはすごくいい機会だと思った。
フランスでおれの花をものすごく気に入ってくれて、
よく使ってくれている人で、
おれの花をよく理解してくれていると感じる人が数人いる。


おれを知らない人は信じてくれないんだけど、
おれは普段からあまり人付き合いはしない。
家で一人でいるほうが好きだ。

この人と付き合っておくと色々な人を紹介してくれるわよ。
とか、聞いた途端にのび太並みの速度で眠くなる。


アイロニーの花が好きと言ってくれる人とばかり付き合って、
なんか自分の気持ちいいテリトリーでだけ生活して、
自分大好きなちっちゃい男だなぁおれと思うこともあるんだけど、
最近それは、おれが自分の花をもっと深く掘り下げて
"知りたい"という欲求からきているんだなぁとわかった。


もちろん、おれの花に興味や理解がなくても、
ものづくりをしている人、何かに強く打ち込んでいる人なんかだと、
その人の中に見えてなかった自分を見つけやすいので、
積極的に会いにいくようにしているけどね。


さてエリックとのディナーは、彼の仕事について、
彼の商品について、それを作る職人について、
おれがかれと仕事する上で知りたかったことで普段おれが聞き逃していることを
井田さんに通訳してもらいながら聞かせてもらって、
そのあとは、ずっと花の話をしていた。


今まで納品したブーケについて、写真をiPhoneから出してきて、
この時はこう感じた、これはこうだった、とか、
おれは日本でアツシが作ったものか、
パリでアツシが作った花の違いがわかるんだ、とか、そういう話を延々としてくれた。


パリに来てから自分の花について、
とくに感じるようになったことのひとつに、
自然崇拝 ということをよく感じる。
アミニズム的なものではなくて、ただ自然が偉大だと感じるだけなんどけど、

いただきます。という感覚や
生ける。という感覚。

探求して、自分の花を高めようとすればするほど、
ゴールにある理想のブーケは、
谷口敦史が束ねたすごい綺麗なブーケ。
ではなくて
偉大なる自然の素材の美しい集まり。
だなと強く感じる。


日本の素材とフランスの素材の違いは、
(日本人とフランス人みたいなくくりで喋るのが嫌なのだが)
セリという仕組みの中で(フランスのランジス市場ではセリは行われていない)
流通させるために均一化したものを生産していく技術の発達の中で
生まれた美しさもあれば、失われた自然のままの美しさもあって、
日本とパリの両方で店を持って仕事を展開してくことで、
その両方を強く感じられて、そのどちらからも美しさを感じとって、
偉大なる自然の素材の美しい集まり。
を出来るだけたくさん束ねていくことができればいいなぁと、再確認できた夜で、
なんとなくフランス人に伝えていくべきことも整理できた夜だった。


またこんなことを書くと、エリックがなんのこと書いてんの?
と井田さん聞いて、長々と翻訳してもらわないといけないのかなぁと思うんだけど、
すみません井田さんよろしくお願いします。

Merci Eric!

44075845_1796974060355765_5655853663994773504_n.jpg


43880421_1796974057022432_4040160488489746432_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2018年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Monthly Archives

PAGE TOP