blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« ジャパンツアー 1/8からスタートです! | HOME | パリ店研修生募集 »

2019年1月10日

アイロ兄さんの花屋論2019

自分の花〜オリジナリティ〜
さてさて日本全国レッスン行脚のジャパンツアーがはじまりましたが、
ちょっと最近また考えたことがあったので書いておきます。

キャリアをはじめたばかりのフローリストたちからよく受ける相談です。
多くのフローリストたちが同じようなことで
悩みを持っているんだなぁと思いました。
昨今はSNSで本当にたくさんのフローリストの情報が見られるので、
昔に比べると自分の立ち位置というのも
なんとなく見えてくるようになってしまっています。

インスタグラムが自分の仕事の履歴書のようになります。
どのくらいフォロワーがいるのか、どんな仕事をしているのか、
そしてどんな花を作っているのか。
フォロワーを増やしたり、仕事を獲得したり、
いろいろ多方面からアプローチがあるのかもしれませんが、
あまり得意分野ではないし興味もないので、ここでは言及しません。
というかおれはできません。

どんな花をつくっているのか、自分の花はどんな花なのか。
という部分に関しての話です。

どちらもキャリア数年のフローリスト。
ある人は、好きなフローリストがひとりいて、
その人のところに学びに行き、真似ているので、
オリジナリティは感じられないもののなんとなく
一貫性が感じられるので、
それなりのフォロワーを集めて仕事も人気も出ています。

また別の人は、これといって特別この人が好きという
フローリストはいないのですが、
いろいろなフローリストの花を綺麗と感じて、
あちこちに学びにいきます。真似はよくないと考えていて、
オリジナリティをだそうと考えていますが、
それはあまり感じられず、フォロワーも少なく、
仕事もポツポツといった感じです。

さて、これをどうとらえていくべきでしょう?
後者の人は、自分に花のオリジナリティがなかなか見つからなかったり、
見つかっていると感じているものの、
見る人にはあまり伝わっていないので、
フォロワーを増やしたり、人気を集めて仕事を
たくさん依頼されるようなキャリアを築いていくには
どうしたらいいのかという悩みを持っています。

おれの見解は。。
続きは アイロニーサロン2019にて。
今年も続々会員増えています。
2018年のに参加してくれていた人も、
更新手続きが必要です。こちらのリンクの商品をご購入ください。
フェイスブックのサロングループに招待します。

https://www.illonyshop.com/product/815


49711633_1911518638901306_1989417100476678144_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください

→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。

→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


Florist Jardin du I'llony
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Monthly Archives

PAGE TOP