blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« #パリの花束 #スピンオフ in New York | HOME | ミュゲの季節。 »

2019年4月29日

Finished my work in New York.


I finished my work in New York. It was a wonderful trip to meet many friends.
Many people ask me how about New York? when do you open a shop?
Of course I want it if it comes true. But first I need to grow my three stores more.
I told the school that I wanted to have classes twice a year in New York.
And I also want to do decoration for weddings and parties in New York.

I am very happy to know that there are people in New York who will be pleased with my flowers.
On this trip I was able to meet some very nice people.
And I had a great time with my friends.
I am grateful to the relationship that flowers connect. See you soon New York.


フラワースクールニューヨークでのレッスン、3クラスを無事終えました。
人が集まってくれるかなと心配していたけど、
蓋を開けてみれば、全クラス、ソールドアウトで
レッスンを受けられなかったという人もチラホラいたようだ。
スクールの校長アイリーン、スタッフのバーバラやジェシー、
そして生徒さんも一人残らずみんな、すごく気のいい人ばかりで、
外国に来ている感じが全然しなかった。

ニューヨークはどうですか?
と感想を聞かれる。

もちろん旅行で観光しに来たわけじゃないので、
ビジネスのチャンスがあるか、そんなことを考えながら来たわけだけど、

俺みたいなやつ、うちみたいな花はあまりないんだなぁと思った。

それをニーズがないと捉えるか、チャンスと捉えるかは、
バカポジティブ脳の俺の脳みそには聞くだけ無駄だけど、

店を出したいか出したくないかと聞かれたら
出したい街であるというのはわかった。
とくにニューヨークには、大きなイベントをするフローリストはたくさんいても、
そっちの需要がはるかにビジネスとしての合理的だからか、
いい花屋というのがすくないと感じた。

でも、ニューヨークの目線でみても自分の価値を高めるためにも、
いまの3つの店を世界に誇れるくらいきっちり成熟させたいということのほうが強く感じられた。

とくにパリのお客さんたちにとってのニューヨークが、
他のどこよりも特別な街だということを感じたのでなおさら。

校長のアイリーンには、毎年二回定期的にクラスを持ちたいと話した。

そして、ニューヨークでもウェディングやパーティなど
イベントの仕事が受けられるようになればいいなと思う。

パリであなたの花束をのスピンオフも撮れたし、
ニューヨークに住んでいるクーランスのファミリーが
すごいペントハウスでのディナーに招いてくれたり、
メニル通りから引っ越した友達たちにも会えたし、
最愛の花屋友達ベラ・メイヤーとも楽しい時間を過ごせたし、
彼女はなんと俺のクラスも受けに来てくれた。

そしてアメリカにも少しずつ、
アイロニーの花が世界一好きと言ってくれる人があらわれてきているなぁと
感じられる特別な経験となりました。

そして自らフラワースクールニューヨークのコースを取得して、
おれとスクールのコネクションを強くしてくれて、
今回もわざわざ日本からアシストに飛んできてくれたマティに一番の感謝を。


59163453_2064289233624245_7970744219385987072_n.jpg


57308621_2064289896957512_3618790004517502976_n.jpg


59391444_2064290396957462_7570816522847780864_n.jpg


59380290_2064289320290903_6583485326264631296_n.jpg

58659920_2064291363624032_2807811784310784000_n.jpg


59542712_2064289136957588_4898232720154427392_n.jpg


58870312_2064290616957440_4841638966887186432_n.jpg


58728059_2064288723624296_1966311069777395712_n.jpg

58701252_2064291053624063_5855608332324175872_n.jpg

58749414_2064289993624169_8827530391813357568_n.jpg


59347620_2064289066957595_4323308561120624640_n.jpg

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Monthly Archives

PAGE TOP