blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 5月1日、フランスではスズランの日 | HOME | 本当の本当の本音への気づき »

2022年5月12日

事務スタッフ募集のお知らせ

おはようございます。
昨夜ほろ酔いのライブでもお知らせしたのですが、
アイロニーはお客様からのオーダーを受け付けてくれる
コンシェルジュのようなポジションのスタッフを募集します。

アイロニーという花屋は当たり前ですが
もともと谷口が1人でできることを初めて
そこにどんどん仲間が加わって店も三店舗に増えて、としてきたのですが
その中で谷口は器用貧乏といいますか、割となんでも自分でしてきました。

ホームページをつくったり、写真を撮ったり、
イラストレーターで印刷データをつくったり、SNSでPRをしたり、
個人商店の小さな花屋だと、
わりとそれが当たりまえのことだと思っていたり、
そもそも自分がいろいろなことをしているという観覚が薄かったので、
スタッフにもそれを求めてきたのだと思います。

多くのフローリストの場合
お客様のニーズに合わせた花の仕事を沢山する。
に対してアイロニーの場合
アイロニーが綺麗と思うものだけを
提供していきたいので、
販売方法や発信などフローリストの業務以外のことも沢山している。
という感じです。

悪い言い方ですが、
売れるから綺麗と思わない花を作る仕事をするくらいなら、
綺麗と思うものだけを作ってやっていけるように、
より多くの人に知ってもらう仕事をしよう。という感じです。

そんな考えでのマルチ業務タイプのフローリスト集団なのですが、
今まで残りスタッフたちをみていると、
中にはどれかの仕事が苦手な人ももちろんいます。
それに、マルチ業務は育成に時間がかかります。

魔法使いとしてレベルアップしてから
戦士にジョブチェンジしてさらにレベルアップした
魔法戦士がいないとクリアできないダンジョンみたいな感じです。
知らんけど。

脱線しましたが、
もう一つ今までフローリストにデスクに座って
メールでの受注業務ポジションをしてもらっていたのは、
メールでの注文とはいえ、毎日沢山みていると、
どんな思いでこの花をオーダーしてくれているのかが、
メッセージなんかから、なんとなく見えてくるんです。
花を作成するポジションに入る前には、
そういういろいろな思いがあることを知った上で
気持ちを込めて花を束ねて欲しいという考えもありそうしていたのですが、

その部分は、
受注業務をするスタッフから
作成業務をするスタッフへ
それぞれ専門性の高いスタッフたちに
想いをきちんと伝える。

それを汲み取って花に込める。
という連携を強化していけば、
それぞれの業務の専門性も高くなり、
今よりも良くなると思うに至りました。

ということで、
芦屋店、青山店に
コンシェルジュのような
受注業務を中心にメール対応や電話対応をして、
お客様のニーズを汲み取って、それにあったアイロニーの花を提案して、
それをフローリストに伝えるというポジションのスタッフを募集します。

もちろん、その時の状況により、その他のデスクワークなども仕事に含まれます。
フローリスト業務と違い、重いものを運んだり、
長時間の立ち仕事、という面はないものの、
PC業務が中心になるので、
タイピングやエクセルなど基本的なことはできる人、
得意な人が望ましいです。
電話での接客もあります。

正社員採用も可能ですし、
週4日以上、1日6時間程度のパートタイムでも可能です。
詳しくはプロフィールのリンクから
リクルートのページを読んで履歴書を送ってください!

280258222_4909522882434185_3673911341397960999_n.jpg

279919973_4909522879100852_2274464917208163013_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Monthly Archives

PAGE TOP