blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« パリで桜を使った4つの装花 | HOME | 理想的な休日。 »

2017年4月14日

アイロニーらしい花を作る仕事を生み出すために

1_7952486_1241876292532214_7137081767410935665_n.jpg


サントロペでの舞踏会装花への参加のお申し込み順調にいただいております。

これはこれで滅多に経験できない本物の舞踏会だし、

しかもプリンセスは俺の好きなように飾らせてくれるので最高なんだけど、

こういう仕事はめったにないし、待っていてもそう飛び込んでるものじゃない。


とくに大きい仕事になると、やっぱり裏方として、

主役を引き立てる花を必要とされていて、

そこにアイロニーらしさを出して、選んでくれた理由をなんとか生み出そうとする。


それがうまくいくこともあるけど、

結局うちじゃなくても良かったんじゃないかっていうような

デザインを求められて値段だけ叩かれるようなこともある。


最近とくに大事だなと思うのは、

そのときはたくさんお金がもらえても、

資産として残るような仕事を積み重ねないと未来がないということ。


アイロニーのブランド価値を積み重ねることずっと強く意識しないと、

あっという間にじじいなって気がついたら、

あんな大きい仕事したんだよという過去の栄光しか残ってないみたいなことになるかもしれない。


それにはやっぱりできる限りアイロニーらしい花を

作る仕事を"生み出す"努力が必要だと思う。


そしてアイロニーらしい花は、一部のハイブランドの高い仕事だけを

引き受けるような花じゃなくて、花に詳しい人もそうじゃない人も、

たくさん花が買える人もそうじゃない人も、

できるだけたくさんの人を幸せするような花や写真だと思うし、

それをたくさん積み上げていくことが、会社の価値を高めていくことだと最近とくに強く思う。

そんなわけで、ハイブランドに認められてとかかっこいい感じじゃないんだけど、

自分で場所も選んで、自分でイベントを企画するのが一番なんじゃないのかと

思っておりまして。


2_17861494_1241876309198879_5537079461702532040_n.jpg


今日はその第一歩、郊外にある借りられる城やお屋敷などを下見に行って来ました。

いつものように、一緒に花を飾る経験に価値を感じてくれる研修参加者を

募って花代を集めさせてもらって、

その場所に飾られた花に価値を感じてくれる人を他にも集めて、

例えば、ドレスメーカーが広告の撮影にとか。

3_17904473_1241876305865546_7785702550815824383_n.jpg

今日見に行ったところはコンサートができるらしいので、

そういうイベントをしてくれる人を募ったり。


いろいろ主催となるとまた大変なことも多いんだろうけど、

アイロニーの花だけは、少しも曲げずに表現できるような場を

作ってそれを積み重ねていきたい。

4_17884359_1241876409198869_5077685808490992971_n.jpg


5_17884632_1241876415865535_8387589059236310642_n.jpg


6_17883986_1241876539198856_4152388044463055348_n.jpg



↓アイロニディプロマ生や花仲間がたくさん参加しています!自分にぴったりの花屋探しにもぜひ!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!

谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Monthly Archives

PAGE TOP