blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 臨時休業のお知らせ | HOME | 一番大切な事は? »

2007年7月 3日

ライバルは。。。

7月3日 曇りのち晴れ





気がつけば2007年も折り返し。

例年6月から仕事も落ち着いてきて新しい事に取り組んだり、個々のスキルアップに取り組む時期だと考えています。しかし今年はHPリニューアルの影響か法人化の隠れた影響でしょうか、繁忙期である3月を上回る売り上げとなり、スタッフ一同朝早くから夜遅くまでがんばる日が多かった。

そんな中でも仕事に追われず、新商品のリリースなどにも踏み出すことが出来た。

ギフトフラワーのバリエーションに加わった、ボックスフラワーやロースタイル。特にボックスフラワーは今更?という感はありましたが、箱の形状にひと手間加え他社のそれとは少し差をもたせることができた。男性や企業など新しい需要への広がりをみせ、今後が楽しみな商品である。


やるなアイロニー。。。

また、メディアへの登場もちらほらあり、少し前の 家庭画報 に続き、25ansではクローズアップされたお客様がアイロニーを紹介してくださいました。 ありがとうございます。。
その他にも FRaU や 花時間 の取材もあり、今後の反響が楽しみです。


やるなアイロニー。。。


売り上げや認知度が高まってくると、それを上回る品質やサービスを提供していきたいものである。


アイロニーが成長してきて、クリエイターとしての僕個人の能力が出遅れているとサエナイ花屋になってしまう。。。


クリエイターとして僕が取り組んでいる仕事には、花をいけるということ、それを写真に撮るということ、クライアントに提案する絵を描くこと、花器をデザインする事。

とくに絵が描けるという能力の必要性は最近ひしひしと感じ、あれこれ書籍を読み漁ったり、独学ではありますが色々と試しています。


そんななか気づいた事があります。
 
 

構図の重要性です。
 
 


これは写真にも、花を活けるということにも共通してくることなので 構図力が高まれば、全てにおいてレベルアップすることが出来るのではないだろうか?


そしてそれは バランス という言葉につながる。

花の世界においてはほとんどの人がそれを感覚という言葉で済ませてしまっているように思う。

しかし、写真や絵画、グラフィックデザインなどにおいては多くの人がそれを論理的に理解し、何らかの方法で作品に反映させている。


黄金比や白銀比など、美しいと感じる最大公約数的なルールを多く知る事と、それを今僕がしている仕事に反映させる方法を見つけることは、今後を左右するほど重要なことのような気がする。

多くの書籍を読み漁ると難しいことがたくさん書いてありますが、あれこれ考えるより、やってみるほうが収穫は大きいと思うので気づいた事からどんどん試しています。


なにか面白い発見があったら、花や写真に反映させます。

アイロニー:タニグチ も 1:1.618 くらいが黄金比かも。


お楽しみに。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(4)

何か凄い事をされそうですね。

そんな谷口先生のレッスンでお花を教われてMOEは幸せです。

また近々予約させていただきますね。

その時は、ご指導の程宜しくお願いしま?す♪♪♪

はじめてコメントいたします。
いつも美しい写真に魅入られて足跡ばかりつけてました、ピケと申します。

本当に質のいい、そしてなによりちょっと先をいくクールな花材を厳選されているなと、思って見ていました。いつか実際の作品を見に行けたらいいなぁと思っています。

また伺わせてください。

絵やったらあさをが教えちゃる。
まずは4コママンガから!

MOEさん>
すごくないですよー。しかし最近MOEさんご無沙汰してませんかー?ご予約お待ちしております!

ピケさん>
初めまして!コメントありがとうございます!ぜひぜひいつでもいらしてください。そしてもっと僕を褒めて伸ばしてください。。

あさを>
あさをも衝撃の4コママンガブログがあるねん。次のブログで紹介してるから見てみてよー。

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP