blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 褒める技術 | HOME | 先生バスケがしたいです »

2008年4月 6日

3月に得たもの

3月は本当に大変な一月でした。

いろいろなことが重なりめまぐるしい毎日を過ごしました。

目安のひとつである月間売り上げは、前年比なんと163パーセント。

法人化後 第1期目の決算は目標額を大きく上回った。


アイロニーという今では一つの会社が1歳になってやっと立ち上がったような気がした。

環境も大きく変動していっているように感じた。

手に入るものも増えた。


しかし、一番よかったのはそんななか決して順風満帆ではなく、

いろいろな困難があったこと。


それを乗り越えるために、色々なことに目を向け

こんなときにはきっと調子に乗って忘れてしまいがちなことにずっと目を向けてこれたこと。

見習いスタッフがしごとのある平日の夜に少しでもと駆けつけて仕事を手伝ってくれたことも嬉しかった。

新加入のパートタイムスタッフまこちゃんの仕事ぶりは本当に助かったし、何よりその癒しキャラにみんな救われた。

今は休んでいるスタッフたちも応援に来てくれた。

そして一番頼りになったのはやはり長年の相棒ヨコヤマで、仕事だけではないやはり友としてかけがいのない存在だということを教えてくれた。

そして一番つらかったのにがんばったのはスタッフとしてだけでなく、プライベートでもパートナーとしていつもそばにいてくれるカタヲカで、その存在の大きさと大切さは何にもかえがたい。


体に残る疲労を心地よく感じさせてくれるのは、得たものがお金だけではないからだろう。


そんな僕の人生が詰まったアイロニーという環境でこれからも大事なことを見失わないように生きて行きたいと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP