blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 3月に得たもの | HOME | cuisine »

2008年4月27日

先生バスケがしたいです




ブランドの新作発表イベント装花、1周年パーティの装花、
ウェディングのパーティ装花などなど、大掛かりな装花が多かった4月。

かのbloom magazineの正規販売店となることになったり、

ハナコウエストに使って欲しくないと言っていた写真が表紙になっていたり、

やっと一息ついてブログがかけると思ったら、書きたいことが多すぎてかけません。。


そんな毎日なのでどんなに忙しくても週3回行っていた
バスケにまったく行けなくなってしまっています。

そしてそんな生活の変化からか、自分の考え方にも変化がありました。

田舎育ちなせいで比較的のんびりした性格ですが、ときどき短気です。

しかし、最近かなり気が長くなりました。

というか、今までいかに人のせいにしてきていたかということに気づいて恥ずかしいです。

チームでの仕事が多くなって自分以外の誰かがするミスなんかにも多く遭遇するようになりました。

少し前までは、カッとなってスタッフのみんなにも怒ってプリプリしていました。

職人だしカッとしてきつく叱ることもあっていいんだなんて思っていましたが、ちょっと違ったなと思っています。

アイロニーに来てくれている人たちはみんな僕なんかよりずっと真面目で一生懸命してくれています。

そんな人たちの仕事中に起こるミスは、気をつけていても起こるミスなんだと思います。

ミスをしたら、そのミスが二度と起こらないような仕組みに変えようというのがアイロニーの決まりです。

僕がリーダーなので仕組みをちゃんと作っていないのは僕の責任なのです。

思い通りにモノゴトが進まなくてイライラするときも、最近はあいつがもっとこうしてくれればとは思わなくなり、

自分がこう伝えればよかったと思うようになりました。


ストレスも感じなくなるし、自分自身も成長できます。


バスケに行かなくなるとストレス発散できなくなるのではと不安でしたが、いい考え方を身に着けることが出来ました。


そしておなか周りにも確実になにか身に着けたような。。


母の日ダイエットでなんとかなると思います。

みなさん母の日ダイエットにご協力のご注文お待ちしております。








  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP