blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 東京に店を | HOME | 夏の月 »

2009年7月31日

イベントとしての出張レッスンと気づき




昨日久しぶりに大きなプレッシャーを感じる仕事をさせていただきました。

某有名ブランドのVIP顧客様をお呼びして行われるイベントに、アイロニーの人気レッスン

僕とヨコヤマが担当する、リュクスクラスを選んでいただいたのです。


これは、とても嬉しいことで、もちろん僕のデザインを気に入って開講当初からずっと続けて下さっている方々の存在があってこそのリュクスクラスなのですが、

個人的な好みの枠を超えて、イメージをとても大事にされる企業様が、

VIPへのおもてなしとして、アイロニーのレッスンを認めてくださったということは

とても大きな自信につながることでした。


それと同時にとてもとても大きなプレッシャーにもつながりましたが。。


花の少ない時期ですが、あれこれと試行錯誤してブランドイメージをテーマにした

書き下ろしデザインで挑んだプレゼンは、方向性と大筋のデザインは喜んでいただいたものの、

VIPの好みにより細やかにあわせた微調整を行い、仕入れの都合による

若干の変更も許されないほど、細かく打ち合わせしました。


予定していた希少な品種のランがどの市場をさがしても見つからないという事態になりましたが、

アイロニーの全仕入れルートをあたって、生産者から直送してもらったり、

一日3枠行われるため、レッスンの時間管理が分刻みで行われたり、

持てる力を出し切ったレッスンとなりました。


クライアントからはVIP顧客様ということで、くれぐれも。。と念に念を押されていたのもまた

緊張感を高めましたが、さすがVIPと呼ばれるお客様は、皆様とても上品で周りへの心遣いや気配りがすばらしく、皆様で花を楽しんでくださる様子に心がほぐされました。


レッスン終了後、合間に休憩を挟めなかったわれわれのためにご用意してくださったお弁当を頂きながら、数十のブティックを統括されていて、今回のイベントにわれわれをご指名してくださった方といろいろとお話させていただいて、いろいろなことを教えていただきました。

いつきても感じる、ブティックの方々のいい雰囲気はこの方が持っている愛情と情熱の賜物であることがわかりました。


そして、帰りの車でもう一度考えていて、

VIPのお客様がたのあの上品ですばらしい心配りの雰囲気も、そういう想いで働く人の長い長い積み重ねの賜物なのかと気づきました。


本当に貴重な体験ありがとうございました。


8月のリュクスクラス、ご予約お待ちしております。今月は人気のラン バンダ を使います。

詳しくは→http://www.la-filiere.net/#luxe-header






  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP