blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« トレンドセミナーと雑誌 Palm | HOME | 主張せずにPR »

2009年10月27日

装苑と25ans




昨日は1週間遅れとなりましたが、芦屋本店の7周年お祝いをいつもよくしてくださるコンドウさんのバーカロを貸しきってアイロニファミリーでパーリーしてきました。

色々な仕事をさせてもらえるようになって、関西でもそれなりに知ってもらえるようになってきたけど、

不景気の最中、これからの舵取りをあれこれ考えていると、

一番大事なのは、働いているスタッフの気持ちで、

どんな風に魅せるかとか、どういう戦略で売り出すかとか、より結局

スタッフ全員が気合の入ってる店の花は、なにか伝わるだろうと思い、

7年間やってきて一番の財産は、このときに集まってくれる、この人たちなんやなぁと、思いました。
(もちろん、仕事でこれなかった人たちも!)

そして、そんなアイロニーを厳しくも温かく育ててくださるお客様にも感謝です。



二日酔いもほどほどに、今日は朝から、芦屋本店のディスプレイをしました。

芦屋本店のディスプレイは、ケンとヒラノとイノウエが

僕がやってきて気づいたことをきっちり引き継いで、綺麗に並べてくれるようになっていたのですが、

南青山店のディスプレイをここ数回がんばってあれこれ試行錯誤したので、

綺麗だと思っていた芦屋のディスプレイがなんとなく物足りなく感じるようになりました。


芦屋本店は作業効率を重視した形をとっていたのですが、

8年目を向かえ、進化を優先すべきかと考えました。

新しい方法は、意外と作業効率的にも理に適っており、スタッフそそれぞれの創造性も生かしやすいと思うので、今後が楽しみです。

そうやって気持ちを込めて並べると、花もしゃきっといい顔しよるねんな。


そして、デスクには買ってない2冊の雑誌が。。


そう、芦屋本店は 25ans で、

南青山店は 装苑 で紹介していただきました!

こうやって、多くの方に知ってもらって、アイロニーを気に入ってくださったお客様が来てくださる。


近いからとか、安いから、便利だから、ももちろんありがたいのですが、

ここめっちゃ好みやねん!と来てくださるお客様の笑顔は、何よりも嬉しいご褒美ですから。


多くの人にご紹介いただけるのは本当にありがたいです。


我々もアイロニーらしさを決して失わないよう、切磋琢磨して仕事に、花に、向かおうと思います。


今後ともよろしくお願いいたします。



写真は 南青山店での御依頼、3Lのシャンパンボトルの木箱にアレンジして開店お祝い。


東京ラフィリエ木曜夜コース、ただ今募集中です!4名集まり次第開始させていただきます!







  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP