blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 母の日の受付はじまりました! | HOME | 東京焼肉ものがたり »

2010年4月14日

ここ数日





今日は朝から定期装花させてもらっているウィンドウディスプレイの

入れ替えが関西であったので、昨日最終で関西に戻ってきた。


ここ最近、このブランドのウィンドウも手伝わせてもらっている。


東京・名古屋・大阪で展開されてるブランドなので、今の東京・芦屋の往復の生活をうまく組み込んで仕事させてもらってる。おもしろい。

来週は東京だ。



東京の仕事も順調に増えてきていて、スタッフの増員も視野に入れておかないといけないと思えるようになってきた。


少し寂しいのは、最前線ではいられないこと、芦屋・東京を行ったり来たりなので

がっつり担当するより、専任者を決めて、サポートするようにしなかればいけない。

でも、それが出来るスタッフが芦屋にも東京にもいることも嬉しい限りだ。


 
 

ブライダルのプロデュースもちらほら入り、来月はまた大阪のリッツカールトンのブライダルをデザインさせてもらえることになった。

 

しんどい時期もあるけど、仲間がいるということは本当にありがたい。


みんなで心をひとつにして立ち向かっていけば、我々くらいの中小企業はこの不景気でもなんとでもなる。


そして、それがまたチームを強くしていってくれるので、ありがたく思わないといけない。


最近読んだ松下幸之助の本にもそんなようなことが書いてあった。

 
 


それにしても、仕事っておもしろい。


花の仕事も色々なことを教えてくれたけど、チームになってリーダーになることはもっと多くのことを教えてくれた。

会社になって社会の一部になることで形成される人格もあった。


そうやって正しく生きることで周りの人に喜んでもらい

自分自身も幸せに暮らせる。


 
 
 

小学生の甥っ子が生徒会の副会長に立候補するから

選ばれたらなんか頂戴と言ってきた。


おじいちゃんである親父は、選ばれなかったら小遣いをやると約束しているらしい。


皮肉屋の親父らしい優しさか。


のどかでいいなぁと思う。

 
 
 

と、とりとめもないここ数日の話。
 
 


いつもクリックでのご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村







  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP