blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« フラワーバレンタイン | HOME | 先生バスケがしたいです。 »

2011年2月 3日

土井浩一郎さん


いつもクリックでの応援ほんとにありがとうございます。


週の後半は芦屋勤務。

店に来たらディスプレイのチェックをして、2階にあがる。

デスクにいくと、東京に行ってる間に届いた郵便物がたまっている。


アマゾンから3冊本が届いていた。

最近ファンページを作ったり試行錯誤してるフェイスブックの本、
イラストレーターを10からCS5に変えたので、その解説本。

そしてカメラのスキルアップをめざし読みはじめた commercial photo


そこで巻頭で特集を組まれていた土井浩一郎さんの記事がめちゃめちゃよかった。

土井さんは現在、パリにも拠点を置いていて世界的に活躍するフォトグラファー。

パリに渡った経緯などがインタビューで描かれていた。


サクセスストーリーが大好物の私。

それだけでも十分おなかいっぱいなんやけど

考え方や、仕事への取り組み方や、感覚が常軌を逸していなくてわくわくした。

こういう世界で成功してる人って、ちょっと感覚的すぎて理解できないことが多い。(私見ですが)


この方はとても論理的で大衆性があると感じた。

その仕事、クリエイティビティが突出していて世界で活躍していると感じてなぜか嬉しかった。




そういう人の考え方や取り組み方や感じ方を聞けるのは非常にありがたい。


『いつも撮影現場で最後に聞かれるのは Are you happy? そこで I'm happy! と答えられるものを僕は撮らなければいけないのです。』

『39歳ころまで毎年作り直した新しいポートフォリオを持ち、NYのエージェンシーを訪ねて
いました。毎年NYへ行くことで世界の中での自分の立ち位置を感じていたかった』

『シンプルだけど強い、最小だけど最大、という相反する要素が画の中に共存してるということは僕がいつも意識しているところ』

『艶感や色気、人を惹き付ける魅力があることもとても大切』

『自らのフェチを磨ききれ』

もう抜粋しきれないくらい共感できたからこそ、自分の足りない部分がはっきり見えた。


素晴らしい芸術家とは鏡のようであると誰かが言っていた。磨かれれば磨かれるほど世界の姿を映し出すと。


私にとって、この人の作品やこの人自身は自分を映してくれると勝手ながら思えて嬉しいひとときでした。



いつもクリックでの応援ほんとにありがとうございます。





  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP