blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« フリーペーパー | HOME | リカバリーーーーー!! »

2011年2月14日

作品


いつもクリックでの応援ほんとにありがとうございます。





昨日はとても嬉しい仕事をさせていただいた。

東京丸の内にある東京會館というレトロなビルのメインレストランであるプルニエにて行われた挙式披露宴の装花は私のキャリアにとってとても意味のある仕事になった。


一昨年進出したばかりの東京での大きな規模のウェディング装花だったことだけではなく

ご自宅に何度も招いて頂いて打ち合わせさせていただいたお二人が私に言って下さったことです。


これまで私の仕事は、ブランドメゾンの装花やイベント装花が主要なものなので

ブランドイメージを引き立てる装花になるように心がけることが多かった。

その他の花でもクライアントが望まれるものをアイロニーが形にするという一歩下がったポジションを意識することが多かった。



今回、特別だったのは 打ち合わせの段階で新郎様が


せっかくあなたにしていただくのだからあなたの作品性を尊重したい。

そのほうが価値がある。


と言って下さった。


これはちょっと早めだが ベストオブひとこと2011 といってもいいだろう。



私は花屋は芸術家ではない、職人であるべきだと思っているので

今まで自分の花を作品だと思ったことはなかった。


しかしながら、パリ出店を目標に掲げてから、そして東京に進出してからは

クリエイターとして個性というものが、花屋における優れた職人として必要だということを感じていた。


そして去年はそれを意識してきた一年だったので

今回このように言ってもらえたのは、他の誰にも理解してもらえないかもしれないが


パリ出店に一歩近づいたと感じた仕事だった。



花を通じて、いろいろな方と出会い言葉を交わし、その中で少しずつ前に進む。


ほんまにおもろい仕事や。



写真はラフィリエの受講生の方にむけたブログ、ラフィリエ通信の記事にしたいので、今回はちら見せです。すみません。


1年間のコースレッスンであるラフィリエ 去年もこの時期にスタートされる方が多かったので空きができます。
お早めにお申し込みくださいね。
http://www.la-filiere.net



いつもクリックでの応援ほんとにありがとうございます。





  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP