blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« スライドショー | HOME | 南青山 »

2011年4月24日

清順出版記念パーティat graf







一昨日、大阪のgraf さんで情熱大陸出演や自身の仕事の本の出版などで注目が高まってる西畠清順の出版記念パーティに顔を出して来た。

清順とは僕よりも付き合いの長い芦屋店長ヒラノともうすでに3回も花宇にいったことのある息子大樹を連れていった。


エルマガジン社の人たちやグラフの人たち、普段花宇の花材をつかっているフローリストもちらほら、ほんとにたくさんの人たちがあふれんばかりに祝福しに集まっていた。

こういうのを見ると、清順の仕事への取り組みが人を集めているだけじゃなくて、清順の人となりが仕事を集めてるなぁとつくづく思う。

パーティの最後に、清順が締めの挨拶で、


今日は両親も来てるからと、みんなに紹介した。


父であり、社長の勲造さんは、清順に輪をかけたような面白い人で


本にも清順がまだまだ敵わないと描かれていたけど、

花屋の目からみても提案や交渉において、さすがやなぁと感じる人だ。


そういう人はやっぱり話しても面白い人で、前に東京会館での桜を用意してもらったときに、事務所でお茶を入れてくれて少し話をさせてもらったのだけど、短い間にもこの人はすげぇーなと感じさせられた。


パーティ最後のスピーチは感動的で、

集まった若者たちもみんな仕事人として、そして父親としての勲造さんに酔いしれたことだろう。


おまえいくつになったんや、30か?

なんぼやっとるいうたかて30そこそこのやつなんてまだまだや。

調子にのせんといたってください。



といってはるのを聞いて、


騒がしいパーティの中余裕で寝て重くなった大樹を抱えながら

仕事人として父親として、自分もあーいうふうに言えるようなおっさんにならねばと思った夜でした。



清順関係で告知が二つ。

この日みんなで集まってお祝いされた清順の仕事での冒険を綴った本

プラントハンター 命を懸けて花を追う 

アイロニー芦屋南青山両店でも取り扱っています。

植物のよさをあらためて感じる事が出来る本。いい本です。




それに連動して、南青山店のおとなりのブックストア、ユトレヒトさんで

なんと、清順が世界中から集めてきた植物が多数展販売されています。

http://www.nowidea.info/?p=2872

普通ではなかなか買えないものばかりなのでぜひ見に行ってください!

ユトレヒト内のカフェ、アムール。実はうどんがおすすめです。


hahanohi2011.jpg
 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP