blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« かがみ | HOME | すずらんの日 »

2011年4月29日

ラフィリエのディプロマ試験




徐々に回復してきました。応援してくださってるかた本当にありがとう。






アイロニーで私がすべての講義とレッスンを担当してる

1年間のディプロマ取得コース、ラフィリエ。


いつから初めてもいいのだけど、1年で22回のレッスンをすべて終了したら

最後はディプロマを取得する為のテストがある。



テストというとみんな面倒がってなかなか受けてくれなかったりするのだけど

内容は、楽しいものだと思う。


今後仕事として依頼されたい二つのテーマを決めてもらい、(一つの予算は25000円)

好きなものをつくってもらう。


いろいろなシュチュエーションを考えて、こんな仕事が入ってきたらどうしよう。。こんな仕事が受けられるようになりたい、

仕事として考えていない生徒さんも、友人にウェディングブーケを頼まれたら。。自宅に知人を招いてパーティをするときに花を飾りたいときに。。


などなど、予習をしておこうというものだ。



花の仕事というのは、本当に多岐にわたっていて

本当に様々なタイミングで様々なシーンに必要とされるため


基本的にやった事ない仕事であふれている。


私が今まで経験させてもらった仕事で、役にたつだろうと思う事を出来る限りたくさん伝えようとしたカリキュラムではあるが

それがぴったり当てはまる人も少ないだろうと思う。


やった事ないからと尻込みしていては、その仕事を経験する事はできない。



花屋の仕事で一番大切だと思うのは 経験だと思っています。

だから、キャリアの長い先輩たちには尊敬の念がある。その部分は絶対に敵わない。


でも同業者としてライバルとして、競わなければいけない。

経験というハンデをどう覆すか。


想像力です。


それさえあれば、一番大切な経験をどんどん積む事が出来る。



そのどちらも備わって、その経験と想像力が自分のなかでせめぎあうような
仕事
ができれば、なかなかいいフローリストになれると思って私は仕事している。


それを伝えたいなぁと思うのです。


テストまだの人は母の日が開けたらテストしましょうねー。


これから始めようかなというひとは体験もありますのでぜひ。

http://www.la-filiere.net/



母の日の注文もお待ちしております!
hahanohi2011.jpg
 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP