blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 引力 | HOME | 見習いスタッフ募集 »

2011年7月 2日

習慣





じわじわきてまっせ。



 
何度も何度も繰り返すなかで、体に染み込んでいくこと。


今朝またボールをもってコートに行った。

最近時々一人で遊んでいる。



学生の頃は本当によくもまぁ、このことばかり考えていたものだ。


ジャンパーやドライブで息が上がったので

フリースローレーンに立って、何度も何度も繰り返した儀式のような動作をして放ってみる。


まぁ、入る。

入る病今だ治らず。


俺に取って今なお唯一神であるマイケルはゲームで目を閉じてフリースローすることがあった。

人は驚くのだけれど、


やっていた人間なら、あれはそれほど難しくない事を知ってる。

体に覚えさせた一連の動作。

シュートを放つ少し前に目を閉じたってそれほど変わりはない。



そうやって同じように目を閉じて放つ。

入る。


入る病やし。



バスケをしていて、仕事に役に立ったのは、何か起こったときに

その事にとらわれない事。


ゲームは笛が鳴らなければ進んで行く。



大きなミスがあっても、否が応でも切り替えて次にするべき事の判断を瞬時にする必要がある。

ましてやリーダーなら、それをチームに促す為に


癖のように、大きな声で次すべきことを指示する。


そのせいで、些細なことに一喜一憂する感情的表現の乏しい人間になってしまったが


まぁ、男だしそれもいいだろう。



切り替えろ次一本。


そうやって一本ずつ。


最後に1点でも相手より多かったら


それでいいのだ。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP