blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 見習いスタッフ募集 | HOME | 本出したい病 »

2011年7月 7日

時代




じわじわきてまっせ。



 

今週の火曜、事件がありました。


作詞家の松本隆さんのご自宅に食事にお招き頂いたのです。。。


2週間前くらいからそわそわしていました。


音楽は人生にはなくてはならないものです。

そして、そのメロディーや言葉に人によって人生が変わってしまったり

心を支えてもらったり、泣いたり笑ったり、


それはもう、地球上のいたるところで、毎分毎秒、そういうことがおこっています。


松本さんの手がけた詩の一覧をみると、時代をつくった人だとすぐにわかる。



時代をつくる。。



しびれる。。。


あぁ、おれはそんな人に聞きたい事がありすぎるが、次元が違いすぎて的確な質問かどうかの判断もおぼつかない。



と思っていたら、なんと。


心臓外科医の須磨久善さんもいらしゃっていた。。

バチスタ手術を行って、さらに様々な改良を重ね、医術を飛躍的に進歩させた人。


この人も時代をつくっている人だ。


なにこれ。。


光栄にも、そんな方々とひとつのテーブルにつかせてもらって

やたらとうまい料理をごちそうになった。


やたらとうまい。。



最近神様がやたら優しくて怖いんですけど。



まぁ、俺もこてこての野心家なので、こういう方々に自分を印象づける!みたいな下心をしっかりもって行ったつもりだったのだけれど


話を聞いて感じる事が一番いい事だとすぐに悟った。



ひとつ、大きな収穫は


お二人とも、築き上げた時代のビジョンが見えていた、と感じたこと。

他の誰もが、そんなことできるわけがないと思っていたことが、


俺できる。 と思っていたこと。




そう思った。



貴重な機会。いいこと教わったなと思った。



そして、なにを隠そう俺も 出来るな俺 と思えているのである。



根拠はない。ごめんね。








神様、みぃみさん、はつみさん、そして由美さん、ありがとうございます。


 


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP