blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« だれでもモテキ | HOME | 癒しの庭 »

2012年1月28日

毒と薬





今日ちょっと嫌なことというか思い通りにいかないことが3個くらい重なって一瞬胸の中がもやもやっとした感じになって、


あー、俺って結構弱いなーと思ったんやけど


続いたのが3個だったので、3個つづくとこんな感じになるのか


1個だとならへんかな?5個やったらどうなるかな?

とか考えていると、その凹む出来事を真正面に受けずに、受けてる自分を客観視して見れて

あー俺ってこういう感じなんやなぁ。。と基本的に自分には甘い俺なので


かわいいやっちゃなとか思って、俺研究してたら、たいして凹まずにすんだ。


そんな風にうまく感情がコントロールできるようになっているのも

この仕事のおかげだなぁと思う。


自分の調子が悪いときは、不思議なことに花の調子が悪くなる。


これは絶対的にほんまや。

長いこと見て来たし。


だから普通は、調子悪いときは花を買って帰って家に飾って元気をもらえばええねんけど、おれの仕事は元気な状態で花をお客さんに渡さなあかんから、自分の悪い気を吸わせてたらあかん。


だから自分の気分をいい状態に維持しておくことが、はさみとナイフをめっちゃ切れるように保っておくことのように大事なことやと思う。



そんなことを考えていて、ツイッターとFacebookにそんなようなことをまたバカっぽく(本当はバカなんですけど)つぶやいてみながらまた別のことを考えていた。


ツイッターやFacebookやこのブログには、基本的に前向きなこととか調子いいことしか書かない。

よく知らない人とか好きでもないやつの愚痴とか不満を聞いてもなんもおもしろくないしね。


花の写真をみたくてフォローしてくれてるひとは花に元気もらいたいと思ってるわけやし俺の負の気を分けてどうすんねん。


そんなわけでアホなこととシモネタと花の写真を外に発射しているわけなのですが

ふとアイロニーの語源をおもったのです。


店名とか社名の I'llony ってなに?ってよく聞かれるんやけど


I'llony は 皮肉という英語の ironyをもじって作った造語です。


皮肉って 真意を反対の言葉で表すことだから、

書けないことが書けたりして、表現に自由性をもたらすと思う、というのがひとつ。


もうひとつは、うちの親父が皮肉屋でよく毒をはくので

身内とか好きな人が毒を吐いてるの聞くと安心するというか

落ち着く。という癒しの意味みたいなことで


皮肉という言葉には 自由と癒し という意味を感じていて

好きな言葉だったのです。



そう思うと、今の俺の外に向けているこの言葉達には毒気がないなぁと思った。



けど、


あっ、俺別に言葉で仕事してるわけじゃないかと思って 
 


ちょっと毒気があって薬になるような花をつくって行こーと思ったのでした。



うわー、まったくまとまらねー。


クリックありがとうございます!!


 


































  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP