blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 大切な時間 | HOME | NO RAIN NO RAINBOW »

2012年3月24日

天上天下唯我独尊




謙虚。

[名・形動]控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。


基本的にこのブログはアイロニーの花が好きというかたに向けてかいている。

プロモーションブログです。

意図通り好意的にこのブログを読んでくださるかたもいれば

業界の中では、生意気な。と若干いらっとしながら一応目は通しておこうかと見てくれている方もいる。


少し話したことがある人にたまに謙虚さが足りないと思われるようだ。


そう思われるのは大体俺が興味を持てないひとなので、あまり気にしなかったのだが、先日親しい人と謙虚さの話になって、俺のこの謙虚不足がどうしてかということを初めて説明しようと思ったら、話していて自分でも気づいたことがあったので、一番謙虚さが足りないと思われている人の目につくここに言い訳しておこうと思う。



これはですね。もう全部バスケのせいではないかと。笑。



中学高校大学と人格形成の時期にバスケットボールばかりしていたから

こうなってしまったのです。



例えば大事な試合で後半のこり20秒ワンプレイ。1点ビハインド。

シュートを決めることが出来るのは、

決めることができるとおもっているやつです。


これは自信です。

自分を信じることが出来るほど積み重ねてきた人間です。



ここまでは、個人競技でもおなじです。


チームスポーツになると、チームメイトもいます。

実際にラストショットを決めるには

コートにいる味方4人にもこいつは決めることができると思われていなければ

パスはもらえないし、プレイはつくってもらえません。


ではどうやって4人にこいつなら決めると思わせることができるか?

これもまた積み重ねです。


練習のとき、それまでの試合のときに何度も何度も決めて見せるのです。


しかし、練習でさえ決めて見せるにはパスをもらわなければ決めれません。


では、どうやってパスをもらうか?


くれくれと言い続けます。ただ言うだけではダメです。



決めるオーラも全身全霊で発します。



そうやって一回パスをもらったら、必ず決めて味方に見せます。

これを何度も何度も繰り返し見せることによって

チームメイトの一瞬の判断に影響を与えて行くのです。


そして、すこしずつパスがもらえるようになると

大事な本番、ここ一番のプレイでボールがまわってくるようになります。


それを決めるか落とすかは自分次第。



しかし、そのプレイをしたという経験は確実に残っていきます。

そうするとハートが強くなる。

特別ではなく日常になってくる。



決められなければ、大事なシュートを落としたやつ。

決めれば、ここ一番頼りになる奴。



はっきりと差がでる。


パスをもらおうとしなかった奴は

パスをもらおうとしなかった奴にしかなりえない。


ショウといって自分を大きく見せる行動によって

本当に大きくしていくのです。



大きく見せて実力以上のシーンでパスをもらって

大事なシュートを落とせば


なんやねんお前。落とすんやったらくれっていうなや。

となる。大きく見せれば見せるほど落としたときのがっかり感たるや

めもあてられないほどのものになる。


でも、大丈夫です。またすぐ次があります。笑。



というこの体に染み付いた考えが一因ではないかと考えるわけです。



まぁ、それだけではないかもしれませんが。


それ以外のところは謙虚さを身につけられるようはげみます。


引き続きこのブログは、ショウなので

大きく見せることやいい部分にだけ焦点をあてることを目的としています。

同業の方はぜひとも話半分で、

お客様は気にせず信じてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
何位かな?



 

芦屋本店フルタイムスタッフ、パートタイムスタッフ急募!!!





























  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP