blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 雑誌という原点 | HOME | 自分を満たすこと »

2012年5月 1日

昔知ってた男へ




あいかわらず全然成長してないし、

わかってへんなぁと思うのは

こうなりたいとか勉強したいと思う誰かがいて


その下に就いて働くということは


その人の元で働く他の人が、どんなに年下でも、どんなキャリアが少なくても、

たとえ自分よりも経験や技術がないように思えても


すべてに対して敬意を払って

その周りにいるすべての人から、少しでも多くのことを吸収すること。


それが盗むということであり、教わるということでもあり、


その人に対して報いるということでもある。



そして報いて初めて、


自分が何かを吸収することが出来たのだと言える。



同じように本質の見えないまわりの人たちが

うわべの同情というぬるま湯を注ぐことも

してはいけない。



自戒もこめて。



hahanohi2012banner.jpg
↑母の日のオーダーこちらで受付中!!!!


 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックいつもありがとうございます!



 

芦屋本店フルタイムスタッフ、パートタイムスタッフ急募!!!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP