blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 7月のレッスンスケジュール | HOME | パリ花屋出店について 11 パリに再び到着してすぐ。 »

2014年6月30日

パリ花屋出店について 10

リュクサンブール公園の木.jpg

候補物件がすべてダメだということがわかって、

パリに来ているのに、契約をまつ物件もなければ、見に行く物件もない、というのは

なかなかきついものであります。笑。

飲食店の関係の人に聞くと、多くの人がフランス人のパートナー会社がオーナーとして物件を借りているという。

日本人が急にやってきて、日本で10年会社をやっていると言ったところで、ほんとかよ。って感じるのは無理もない。

日本のことをよく知っていて多くの日本人の気質よく感じていて、こいつもそうだと感じてくれる

物件オーナーの店であること。というもの、重要な条件のひとつであるようだ。


そもそも、おれは苦労しているようだけど、お金が豊富にある企業であれば、選べる物件ももっと多くなるしハードルはもっと下がると思う。


たいして準備もしていないのに、きっかけがあってたいして蓄えもないのに見切り発車しているので、

大体どこの不動産屋にも、あー、それではちょっと厳しいですねw と言われる感じなので苦労してるだけですからね。

ましてや、フランス語はちょっともわからないし、英語もチョーカタコトですからねw

語学力に関してはある意味サムライといっても過言ではないでしょう。笑。

さてさて、そんななにももっていない俺に旅のはじめに神様がくれたプレゼントである

フランス人の友人、ジェロームとクレモンス。


今度はクレモンスが物件の条件を詳しく聞いてくれて、その数分後に見つけたわ!と連絡をくれた!!


場所は16区。そのなかでも活気のあるヴィクトルユーゴー広場のすぐ近く。

聞くと友人のお母さんが持っている物件らしい。

場所を見に行って一発で気に入った。


通りは一方通行で車の交通量は少ないが、広場はすごく活気がある。パン屋やスーパーなどもすごくにぎわっていて、観光のそれではなくて生活のにぎわいという感じがする。

そして、気に入ったことを伝え、翌日オーナーを紹介してもらうことに。


クレモンスの友人であるナターリアとFacebookメッセージで連絡を取り合って、オーナーであるお母さんと待ち合わせをした。


物件の前であうことができた。ジェロームとクレモンスがたくさん話をしていてくれたらしく

彼女達も俺の花のことを気に入ってくれて、ぜひ入って欲しいと言ってくれた。

とても感じのいい人たちで、それはやはり言葉ではなくて目をみればわかる。

物件の間取り図をみせてもらったのだが、

60平米で地下に20平米。


俺が当初探していた物件の倍の広さだ。


はじめは、まぁ余裕があるにこしたことはないかくらいに考えていたけど

イタリアで彫刻をメインにアーティストとして活動してるナターリアの作品を見せてもらっているときに

ふと思いついた。

この物件の奥の半分で、アートギャラリーをしたい!


こんな感じね。

パリ店.jpg


日本人の作家でパリで個展をしたい人もいるだろうし、

パリのアーティストとも交流をもつ機会になる。


借り手がないときは、俺の写真の発表の場としてもいい、撮影のスタジオとしてもいいスペースだ!

こんなにいろんなことがイメージ出来た物件はいままでなかった。

ここだ!!

と思ったら。。。。


ここには書かないのだけれど、実は現在入居してる店子とすこし事情があるらしく

彼らとの問題が解決すれば入ることが出来るという。

なかなか一筋縄ではいかないことばかりだが、

今はほんとにワクワクしてこの物件と縁がつながるのを待っている状況だ。

そして明後日から、またパリに20日間行きます。

アイロニーパリ出店企画である

「パリであなたの花束を」は 

1、申し込みいただいた方から情報や要望を少しもらい

2、それを直感でイメージして俺がその人の為にブーケを束ねて

3、パリの街に繰り出して美しい街とともに撮影をする。

4、その写真のオリジナルプリントを作成して

5、多くの有名アーティストから信頼されている職人の方に額装をお願いしたものと

6、写真と企画に参加してくださった方のブーケの写真すべてを集めた写真集
(これが買えるのは企画に参加してくださった方のみ)

をお送りするというもの。一口5万円です。

*できあがった自分の為のブーケが好きでなければキャンセルしてもらってもかまいません。


現在40数名の方にご依頼頂いています。100名限定と考えています。


Facebookで申し込み者を招待したグループで、すべての写真を公開しています。
(パリ出店への現状など公開では書けないこともお話ししていますw)

ご希望の方は、Facebookで谷口まで友達申請とともにご連絡いただくか
info@illony.comまで!

この撮影のおかげで、店出すまでの間もパリで仕事をすることが出来ます。


その間に準備を進めたいと思います!


7月のパリからの便りもお楽しみに!!

 
 
↓クリックでランキングにご協力ください!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックありがとうございます!! 
 

FLOWBULOUS Issue3をリリース致しました。
A4サイズ128ページフルカラーの写真集が500円
オンラインショップからのご注文で
消費税送料入れて620円でご自宅に届きます!
20140524_d76d13.jpg
ご購入はこちらから
http://www.illonyshop.com/product/242

 
 
FLOWBULOUS ISSUE1おかげさまで2万部完売につき電子書籍版の販売開始しました! 

 

芦屋店、青山店、ともに見習いスタッフ募集しています!
→ http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html
 


 


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP