blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« パリのアトリエでのレッスンスタート | HOME | 12月のレッスンスケジュール »

2014年11月29日

ノルマンディの別荘へ

10698585_721012811285234_7608518341157769049_n.jpg

アイロニーのパリ進出の最重要人物といってもいいジェロームとクレモンス。

Facebookを通じて俺の花を見て評価してくれていたことで仲良くなっていた彼らと

パリに物件を探しに行き始めた6月にパリに来てるなら食事しようぜと実際に会って食事に行って意気投合したことは

俺にとってとても嬉しい出来事だった。見知らぬ国の人とも心が通じ合うんだなぁとつくづく思った。

最近の俺はその縁のつながりを俺の花に任せている。


この人とつながっておくといいわよ。と人を紹介してくれる人もいるんだけど、なんか打算的な人付き合いは面倒だからしない。

おれの花を好きじゃない人にとってはおれは何者でもないし、結局俺が自分で満足するのは花で人を喜ばせることだし、

おれの花が好きと言われることが嬉しい。

だからもう人付き合いに関しては、仕事もなにも関係なくて、

地位云々とか趣味云々とかより、フィーリングが心地いい人とつきあうようにしている。

そういう人たちを俺はほんとうにこころから好きなので、相手もおれのことをそんなふうに好きでいてくれていることが多い。


なんかこんなことをしてもらったから、こんな風にお返ししないといけないとか、失礼だとか、

ほんとにしてあげたいと思ってしたことなら、してあげたほうもしてもらったほうもその時点で双方とも嬉しいことだから、

お返しなんてもらわなくていいし、する必要もない。

そんなことを考えなくても、すぐその相手には自分がしてあげたくなることが出てきてそれがずっと繋がって行く。

そんな人がまわりに少しだけいてくれればそれがいい人生だとおもう。


そんな関係のジェロームが、前々から聞いていたノルマンディの彼の別荘に行くというので連れて行ってもらいました。

なんかいろいろなものがたくさんあるところらしく、アツシが店をするときに必要なものがあったらあげるからいつか見に行こうと話してくれていたのです。


途中、シャルトルのノートルダム寺院に寄ってくれた。

中世の街並が残っていて素晴らしい場所だった。

1450045_721012271285288_3574670888218420136_n.jpg

10474496_721012191285296_8088998741120017443_n.jpg

1503321_721012187951963_5857757765064748909_n.jpg

10806288_721012201285295_3818851094726070735_n.jpg

パリは少し車で離れるとまた違う素晴らしい世界が広がっている。


あいかわらず、ジェロームはフランス語のわからない俺に英語でめっちゃしゃべってくれるんだけど、それもイマイチわかっていない俺。

しかし、途中、好きなタイプがどうとか、女の人の話になったときにびっくりするくらい話が盛り上がった。不思議な現象だった。


徐々にノルマンディのほうにいくにつれて、真っ平らな平原が波うちはじめる。

ノルマンディ地方はフランスの北西部。

10710631_721012391285276_3753217504009259994_n.jpg

温和な海洋性気候で、リンゴが作られていたり、酪農が行われているところが多いらしい。

ジェロームのおじいさんが1960年に買ったという別荘も、元は酪農とリンゴを作っていたらしい。

10177261_721012397951942_3283178578786202179_n.jpg

敷地は見渡す限り続いていて、川が1.2キロくらいあると言っていた。デカい池もあった。


そして広大な敷地の隣に、すばらしい城があった。なんかイギリスの最後のなんとかなんとかみたいなことを説明してくれたけど

1459108_721012507951931_8932385808555418257_n.jpg

10304438_721012577951924_7747183506479652170_n.jpg

その辺がよく理解できなかった。すまんジェローム。


ジェロームの敷地の周りでブーケの撮影をさせてもらって、暗くなって来たら、暖炉で肉を焼いて、ワインを飲んで、また女の子の話で盛り上がったら、時差ぼけですぐ眠くなる俺は、早い時間だったけど、ホテルかよっていうくらい2階にいくつもあったゲストルームのひとつでぐっすり眠った。

翌朝、古いが美しいつくりの窓をあけて日が昇るのを窓から眺めた。本当に美しい国だ。

10636189_721012727951909_3183495561165089254_n.jpg

朝日のなか屋敷の周りでいくつか撮影して、あまりに絵になる場所が多いので、もっとブーケを束ねてくるべきだったと気づく。


コーヒーをいれてもらって、のんびりとしてる間にジェロームはなにか必要な書類を探していて、みつかったのでまたのんびりと帰る事に。


田舎の自然の景色を心の中にもっているというのは自然の美しさを表現する花屋にとってはとても大事なことだなぁと日本で仕事を始めた頃に

田舎者の俺が感じていた事だけど、パリのフローリストが持っている田舎の景色というのはこんなにも美しいのかと、

これから店をはじめて勝負していくタイミングでしっかり再認識させてもらえたというのはやはりなにか意味がある事なんだろうと思った。


ほんとうにありがとうジェローム。

10547668_721012457951936_6152926080888534990_n.jpg


 ↓クリックでランキングにご協力ください!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックありがとうございます!! 
 
 
 
 


FLOWBULOUS Issue3をリリース致しました。
A4サイズ128ページフルカラーの写真集が500円
オンラインショップからのご注文で
消費税送料入れて620円でご自宅に届きます!
20140524_d76d13.jpg
ご購入はこちらから
http://www.illonyshop.com/product/242

 
 
FLOWBULOUS ISSUE1おかげさまで2万部完売につき電子書籍版の販売開始しました! 

 

芦屋店、青山店、ともに見習いスタッフ募集しています!
→ http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html
 


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP