blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« アイロニサロン2018でときどき連載をはじめます。 | HOME | Pour restaurant montée »

2017年12月27日

花屋になりたいのですがまずなにをすればいいですか?

最近インスタグラムでライブをしているので、
フォロワーと対話をすることが増えた。


フォロワー=お客さんとは限らないんだけど、
フォローしてくれて声をかけてくれるということは、
いいことであれ、たとえ悪いことであれ、
いろいろな気づきをくれるありがたいことだ。

26047308_1465822316804276_5595805673458115307_n.jpg

俺がインスタライブをつかってしているのは、
ブーケを束ねているところ見てもらいながら、
質問に答えたりするパターンと、
パリ郊外のお城なんかに撮影に行くときに車のホルダーにつけて、
一緒に連れていってあげるというインスタどらいぶ。の2パターンがあるw


インスタどらいぶのほうは、
アイロニサロンの会員にむけて、郊外ツアーというのをしているので、
それに行きたいなぁとおもってもらえればということと、
やはりまだまだパリに店をだせているのは
日本のお客様あってのことなので、
還元の意味もこめてできることをということでやっている。

という宣伝の宣伝の宣伝はこのくらいにしておき、
先日のインスタライブ中にあった質問で、
これはシェアしといてあげたほうがいいなというものがあった。


それが一番上の、花屋になりたいのですが、まず何をすればいいですか?
だ。もしこれを読んでいるあなたが花屋なら、
ぜひあなたの考えをコメントしてください。諸先輩方ぜひ。
花屋を目指す若者にとても参考になると思う。

おれの答えは、
いろんな花屋をとにかくたくさん調べて違いを知って欲しい。
です。


まずはやってみないとわからないので、
あれこれ悩まずにやってみなさいという考えなので、
どんなところでも、まずは仕事に就いて働いてみるのが一番だとは思うのですが、
自分がなにを好きなのかは、明確にしっておいたほうがいい。


花屋になりたい。というのは漠然すぎです。
どんな花屋になりたいのか?
もちろんやってるうちになりたい花屋像は変わってくるし、
いろんなところを外から見まくって、
入って働いてみたらおもってたのと違った。ってことも往々にあると思います。

もちろん俺の立場からは花屋側がわかりにくいのがよくない。
職人の世界だからそんなもんだよ。っていうのが一番いけない。
でも、これから花屋になりたい人の立場から言えば、
それは、結局自分が損をするだけ。自己責任です。
ちゃんとみえてなかったってことです。
よく調べて、よく見て、よく聞いて、しっかり想像してください。


経験がないのは仕方がないことで、
これからずっと経験したことがないことばかりを仕事にしていくような職種です。
経験は想像力でカバーできます。

もしあなたがこれから経験不足で仕事につけないとしたら、
それは本当は想像力が不足しているからなのかもしれない。
経験も想像力もちょっと自信がないんです。
という人もいるかもしれない。
そういうときは調べまくりましょう。

センスとは認識力。ということを聞いたことがあります。
知っているということが良い判断することにつながるということです。


ということで、
とにかく調べまくってください。
うちのスタッフたちをみていても
マニアな人がどんどんいい仕事をして、どんどん仕事を任されていきます。


あー、ぐだぐだー。飲んでるとぐだぐだー。
ぐだぐだだけど、若者たちのなにかの役にたてば!
インスタライブ、今後もどんどん質問してくださいねー。

▽谷口のインスタです!
https://www.instagram.com/atsushi_taniguchi/

▽アイロニーのインスタはこちらから。
https://www.instagram.com/jardinduillony/




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Monthly Archives

PAGE TOP