blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« ジャパンツアー2020打ち上げ参加、希望者はどなたでも参加いただけます! | HOME | 【アイロニースタッフ紹介】パリ店スタッフ/エニー »

2019年12月21日

花屋になりたいのですが何から始めればいいですか?

インスタライブでブーケを束ねてビューワーからの質問に答えているので、こういう質問を若者からもらう。
おれもまだまだかけだしの若手のつもりなんだけど、きがついたら花屋の仕事で20年、若者には知ってることならおしえてあげたいと思うようになっている。

パリ店でたくさんの研修生を受け入れていろいろな人と仕事をしてきた経験からも、そんな質問には、こう答えるようにしている。

まずはなるべくたくさんの花屋をしってください。

花屋になりたいというのは、くくりが雑すぎる。

どういう花屋になりたいかで、どういうみちに進めばいいかが全然違ってくる。

よく、アイロニーにも花屋になりたい。と思っていたらインスタグラム でアイロニーを見つけたので、という人が履歴書をおくってくる。

自分自身のことも、業界のことも、アイロニーのことも知らなすぎるので、

アイロニーに入ってみて、いろいろな業界のことが見えてきたら、私のやりたいことは違うと思ってきたので、辞めます。

みたいなことになる確率が高いので、雇うわけがない。

会社を経営して雇う側でもある俺も含めた、全国の花屋経営者仲間にとっても、なるべくミスマッチを減らしたい。

もちろんやってみないとわからないことはたくさんあって、

やってみて失敗した方が早いということはたくさんある。

ただ、知らない人に迷惑がかかる場合は別だ。

自分のゴールには早くたどり着けそうだけど、人に迷惑をかけても進みたい近道に見える道は、奥の方で随分入り組んでいることが多い。

さて、ではどうすればいいか。

今の時代の若者は本当にラッキーだなぁと思う。

SNSで簡単にいろいろな花屋の仕事を見ることができる。

ひとくちに花屋と言っても、商売の形態も、テイストも、様々。

自分が花屋になりたいのに、

ほかにどんな花屋が日本にあるか知らない。なんていう人は花屋になったとしてもお客さんが満足できる仕事はできない。

飲食店や料理の世界は、いろいろな店があることは、多くの人が知っているんだけど、花屋のことについては、違いを知っている人が日本は本当にすくない。

少ないが、花をよく買う人はよく知っていて、そういう人がお客さんになる、

お客さんのほうが知識が豊富なのに、お客さんがその人にお金を払って仕事を頼みたいと思わない。
もしくは小間使いのような仕事なら頼まれるかもしれない。

業界に入ってから、いろいろな花屋を先輩に教えてもらって、自分に向いているところ、自分のやりたいテイストや商売の形態を見つけられることが多いんだけど、

そこで、入り口に入れてくれて本当の進みたい道に気づかせてくれた感謝を感じられない人も多い。自分の道を早く進みたいのもわかる。

期間はそれぞれの経営者がその人を雇った時の計画にもよるだろうから様々だけど腰を据えて頑張ってみれば、進みたい道に進む時に役立つことも多いから、不義理だけはしない方がいい。
花屋のいちばんの武器というか財産は、技術でも、センスでもなく、信用だから。 花屋に限ったことではないが。

だからこれからこの道に進みたいと思う人には目安を言ってあげるといいと思うので、

まずは100軒、もしくは100人の花屋がどんな仕事をしてるのか研究してみることから始めましょう。

と話すことにしている。

と書いていて、そうだ、やはり俺がアイロニーを世界一好きな花屋にしていくには、もっと世間一般に花屋という職業を紹介して、ほかにはこんな花屋もあるんですよと、知ってもらわないとゴールにたどり着けないな。

やはりYouTubeで、いろいろな花屋と対談していかねば。

写真は全然関係ないけど息子が小さい時のはじめてのブーケレッスン。笑。

80977427_2489122941140870_1331688862488985600_o.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】「谷口が講師のレッスンスケジュールまとめ」
→ 【日本】「ラ・セゾン」
→ 【日本】「ラフィリエ」
→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)
→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」
→ 【パリ】「Paris Lesson week - 5 days ディプロマコース」
→ 【パリ】「Paris レッスン単発受講」
→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)
→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら
→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2020年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Monthly Archives

PAGE TOP