blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« #こんなときこそ花を ブーケプレゼント企画 | HOME | 谷口バースデーインスタライブレッスンの花材発送締め切りました! »

2020年3月24日

花のちから。

さて、今の段階でも経済の打撃はリーマンショック以上と言われています。

リーマンショックのあったタイミングは、うちが芦屋で本当にたくさんのブランド装花を担当さてもらって、イケイケで東京にも出店だー!と店舗を増やしたタイミングでした。笑。
外資系のハイブランドの装花は軒並み半分以下くらいにカット。
なかなか厳しい状況で立て直すのに5年ほどかかりました。涙。

そこからは、パリ出店を見据えて、自分たちがブランドになるように自分たちのテイストの花をユーザーにしっかり提案できるように、コツコツと地道にしていく道を選び、
大きな仕事のさそいであっても、10年20年スパンでみて、自分たちの綺麗を提案できない仕事は断るようにしてきたので、
企業のブランドイメージ以外は求められていないというような
ブランドの装花は徐々に無くなっていきました。

そんな中でも、全幅の信頼で、アイロニーの花をと言ってくれるブランド(もしくは担当者の方)の仕事は続けさせてもらっています。

さて、リーマンショックでほとんどのブランドが定期の花をストップするか、半分に減らすという措置を取っていた際に、

花を減らしてどうするんだ。上層部の方の声で、
そのままの予算でずーーと続けてくれていたアパレルのお店がありました。

セレクトショップのSTRASBURGOさんです。

そんなストラスブルゴさんの神戸の店舗の担当者の方で、
当時からずっと花を依頼してくれている担当者の方から、
店内に桜を飾って欲しいと、依頼がありました。

芦屋店のスタッフたちに任せて、仕事を進めてもらったのですが、今日嬉しい話がありました。

桜を飾った、神戸と京都の店が、
想像以上に売り上げが伸びたので、東京の4店舗でもぜひ飾って欲しいとの話をもらったのです。

例年も、桜をいろいろなブランドブティックに飾らせてもらうことはよくあるのですが、今年は特に、こんなときだから、来店されるお客さんに気持ちが伝わったのかもしれません。

我々は、花のちからとよく普段口にしますが、
企業やお店がおもてなしにつかうような花は、やはり目にあらわれない、癒しや気持ちの部分も大切だけど、

こうやって数字に現れていくようなものを目指していきたい。

こういう状況はできれば今後は起こらないで欲しいし、1日も早く世界中で収束してほしい。

今後は、このことをみんなで意識して、平常時にも、花が数字にアプローチできるような仕組みをめざして仕事をしていきたいと再度思いました。

さて、桜。やはり一番好きな花です。

お出かけできずに、桜を楽しめないという人もいるのではないのでしょうか?

アイロニーでは、桜の咲く時期までは、先取りの桜をということで、桜のシランドルアレンジというのをオンランストアで全国発送していましたが、今年は、桜の時期もたくさんご依頼いただいています。

皆様も是非。外出を控えているおじいちゃんおばあちゃんに花を贈ってみませんか?写真はストラスブルゴさんの装花、シランドルアレンジはもっと小ぶりでテーブルや台の上に飾っていただくようなものです。

https://www.illonyshop.com/product/867

90546561_2681117361941426_1636104887320182784_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】「谷口が講師のレッスンスケジュールまとめ」
→ 【日本】「ラ・セゾン」
→ 【日本】「ラフィリエ」
→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)
→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」
→ 【パリ】「Paris Lesson week - 5 days ディプロマコース」
→ 【パリ】「Paris レッスン単発受講」
→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)
→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら
→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2020年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Monthly Archives

PAGE TOP