blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« アイロニー新ロゴ入りTシャツ販売開始! | HOME | アイロニーのフローリストナイフ »

2021年6月21日

全文公開【サロンメンバーのための谷口日記vol.150】


今日はオンラインサロン内で毎日欠かさずに書いている
アイロニー経営についての日記を全文公開。

【サロンメンバーのための谷口日記vol.150】
6月20日
『一番してほしいこと。』

今日は芦屋店にてディプロマコースの対面レッスンの再開だった。
コロナ時期から新体制になったチームは、
ディプロマレッスンの準備やサポートを経験していない人がほとんどだったけど、
しっかり準備して、先読みしたアシストが出来ていて
快適にレッスンを終えることが出来た。
数日前に伝えたことをしっかり改善してくれていた。

だけど、かなりいろいろなことを想定して、準備をしたり、
いろいろと細やかにアシストしようとしてくれたので、
この二日間はオーバーワークになってしまったように思う。

数日前にインスタライブでのレッスンの準備で
谷口がどういこうことをするか
イメージが出来ていないために不備があって
全員に注意をした。
そのときに
『どのポジションであっても、谷口のサポートをするのが
一番重要な仕事と考えて欲しい』と伝えた。

これは任された仕事やお客様へのサービスよりも、
谷口を優先すべき。ということにもとれるので、かなり強いメッセージだと思って
何度も文面を考えたのだけど、
アイロニーにはこれが必要だと思って伝えることにした。

俺も、お客さんへのサービスよりも
スタッフの働く環境改善や育成を優先する。
双方のそれが、結局のところアイロニーができることを最大限に
して、お客様に提供できる花やサービスの質を向上していく。

昨日今日とオーバーワークにさせてしまったところがあるので
今度はまた俺のほうが環境を改善してやらないといけない。
任せていきたい仕事もまだまだたくさんあるので
増員を進めていかねば。

ちょっとかわった会社かもしれませんが、スタッフ募集を引き続き進めていきます。
https://www.illony.com/shopinfo/recruit/

202154249_3913927088660441_9205730271284502922_n.jpg

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly Archives

PAGE TOP