blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 2022年カレンダー予約始まっています! | HOME | ニューヨークでレッスンでの気付きと誓い »

2021年7月 3日

全文公開【サロンメンバーのための谷口日記vol.162】

今日はサロン内の日記を全部公開
加入希望者はこちらから
https://www.illonyshop.com/product/1026

【サロンメンバーのための谷口日記vol.162】
7月3日
『値段はなにで決まるか』

パリでの仕事で特に好きな仕事は
クーランス城に花を飾ってアンマリーが喜ぶこと。
ホテルレバンに花を飾ってジャンピエールが天才だなぁと褒めてくれること。

メニル通りのレストランコアンシドンスに花を飾りに行ったら
アルボンが喜んで昼間から俺の好きなサンセールをグラスに注いで出してくれること。

そして、もうひとつ。エリックのためのブーケも楽しい仕事だった。
6区でLa tuile a loupという食器屋をしている。フランスのアルチザンの食器ばかりを集めてきた店だ。
エリックはいつもものすごいパッションで美しいものについての知識をたくさん話してくれる。
まぁおれは英語もペラペラ喋る人のは、半分くらい聞き取れないのだけど。
そんな彼は、おれにオーダーするときには、自分の器や、
テーブルコーディネートのプランを見せてくれて、とにかく美しいものを。と言う。
そして、おれはそのときの出来によって値段を決めている。

なにかの映画で、(大いなる遺産だったかな。)アーティストと話をしている金持ちのビジネスマンたちが、
君の作品の値段は、どうやって決まるんだ?と質問し、大きさ?かかった時間?と聞いた。
それを聞いたアーティストとアートを理解してる友人は、
何言ってるのこの人、というような顔で、
美しさだよ。
というようなシーンがあった。(ような気がする。わすれたけど。)

花もそうあるべきだと常に思っていて、
アイロニーも、普段から、原価がいくら掛かったとかじゃなくて
最終的には、そのブーケやアレンジの美しさで価格を決めている。
原価も時間もたくさん掛かってるけど、それは5000円くらいに見えるね。
とか、それは原価はそんなに掛かってないけど、20000円くらいに見えるね。と
フローリストたちとは、その感覚も日々すり合わせをしている。

そして、エリックのための仕事は、仕入れの段階から特別な花を用意して、手間をかけて、最高に美しいものを作る。
そして、おれはその美しさだけに誠実に、値段をつけて請求する。
エリックは一度もそれにケチを付けたことがない。
だから美しさだけを追求できる。

よく日本の若い人が花の仕事を始めるのに
まずパリに行って修行する。という人がいるんだけど、
おれは日本で仕事していくなら、まずは日本のしっかりとしたフローリストで
5年くらい修行して確かな技術を身に着けてから、そのあとパリにいったほうが得るものが大きいよと話すようにしてる。
日本人の料理人がパリで高い評価を得ているように、
日本のフローリストも高い技術をもっていて、根気よく安定して繊細な仕事ができる部分は勝っていると感じる部分は多い。

それでもパリのフローリストが優れていると感じられてしまうことがあるとすれば
オリジナリティのあるものを、お客さんたちがしっかりと評価をしていること
(真似していることを極端に蔑む傾向があるし、フローリストたちもとくに自己主張が強いので真似はしない)と
エリックのような人が、花屋をアーティストとして見てくれて
その創作に対して美しさだけにこだわった仕事のあり方を求めてくれるというようなことが、
パリのほうが圧倒的に多いと感じる。

日本では、もちろんみんなとは言わないけど
安いもの便利なものを求めすぎている自分が、自分自身の身の回りにあるものの
価値を落としていることに気づいていない人が多いと感じる。
もしこれを見ているあなたが自分の奥底から出てくるものを形にしてるのなら、
どうか批判を恐れず自信をもって、その創作に高い価値をつけてほしい。
お金を稼ぐということは卑しいことではない。
価値を生みだせる人だということなのだ。
ータニーチェー

213049338_3947833451936471_4053648421730593594_n.jpg

213224461_3947833468603136_6697344998478144602_n.jpg

212462482_3947833581936458_5448240009844793915_n.jpg

213086396_3947833645269785_7845117402025693222_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly Archives

PAGE TOP