blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 今年の方向性 | HOME | 性格診断 »

2008年1月21日

メッセージカード

1月21日




モーツァルトとクジラという映画をみました。

最近はぼんやりと何かを考えながら映画を見てしまうことが多くなったのだけど

この映画にはすごく惹き込まれました。

社会に迎合して生活できないということはないのだけれど自分の中にこういう部分を日頃強く感じているので親近感を感じ気持ちがとても伝わってくる作品でした。

音楽も素晴らしく心にすぅっと入ってきました。

エンディングで流れる音楽を聴きながら、その詩の訳を読んで思いました。

映画や音楽によって言葉や気持ちというのは強く相手に伝わり、多くの人の心を動かしている。


若かりし頃、僕もそんなアーティストに憧れました。

多くのことを犠牲にしてすべてを費やし自分自身と思えるようなものを作ってそれが残せたらもう死んでもいいなぁと思いました。

そしてそんなストイックな人間でもないことを知り(笑)

花屋を始めようと思ったときは、別に夢をかなえたわけでもなく自分の特性が生かせる仕事だと思ったので選びました。

始めは、花を売ってお金を稼ぐという生活がかっこ悪いなと心のどこかで感じる自分もいたほどでしたが、

今は自分達がロックスターのように思えるときもあります(笑)


僕たちの仕事もまた言葉や気持ちを伝えることが出来る仕事です。

そして、映画や音楽に託すことが出来る一握りの人たちではない多くの人の言葉や気持ちを花を使って伝えることが出来るのです。


今年から、アイロニーではオリジナルのメッセージカードと封筒を用意しています。

少し高かったけど、ココは力を入れるところだと思い奮発しました。

大切なお客様のメッセージがきちんと伝わるように。


花を贈ってくれればわかるからメッセージはいらないと言われるお客様もいらっしゃいますが、少しでもいいのでぜひメッセージを添えてみてください。

私たちとアイロニ花がしっかりとお伝えします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP