blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« メッセージカード | HOME | 花との距離 »

2008年2月 4日

性格診断

2月4日




今年の個人的な目標として、リーダーシップとコーチングというテーマに取り組んでいる。

もうかれこれ20年続けているバスケの経験からリーダーとしてもコーチとしてもそれなりの資質を持っていると勝手に思っていた。

多くのチームメイトに火をつけ、いくつもの勝利をもたらしたという自負があった。

がしかし、いろいろな書籍を読み漁るとそれは自らやってみせるというリーダーシップのひとつの側面でしかないことがわかった。

そして、リーダーシップとは資質ではなく技術であるということも。


花屋の世界も、古い風習があり技術を学ぶということは職人の修行のような面が多くあると思う。

しかし、それは職人の多くがよいリーダーでもコーチでもない為に、
技術を磨こうとする若者たちがじっと我慢をすることが多かったということもあるのかもしれない。

バスケ界でも僕たちが中学生のころまでは練習中は水を飲むな!とか根性の世界だったのが、高校生になるころには合理的で科学的な指導が行われるようになった。
今では、より進んだ指導が行われているのだろう。

ビジネスシーンにおいてはいっそう、コーチングなどの研究の進歩はめざましく、
花屋の僕がさらっと読んでみて実践でき効果がありそうな書籍なんかもたくさん出回っている。


職場において、僕の考え方や立ち振る舞いが環境に影響する点は極めて大きい。


環境を整備しようとするならまず自分からだと思う。



職人でもあるため、感受性は常に磨いておきたいとも思う。
泣いたり笑ったり怒ったり、何かが起こったときの自分の感じ方などには極力素直に従うことも物を作る人間として必要なトレーニングだと思うが、

今は僕一人で物を作っているわけではない。スタッフ一人一人のいろいろな仕事があってアイロニーの花が作られていく。


スタッフが最大限の能力を発揮できる接し方を身につけることがアイロニーの花のクオリティを上げることにつながってくるだろう。


それに際して、スタッフ全員でMBTIという性格診断をしてみた。

スタッフそれぞれがお互いの本質を知っておくことで、より深い理解を促したり、
仕事における適材適所などなどいろいろなことに役立ちそうである。


簡単にできるサイトもあったので、興味のある方はお試しあれ。

http://www32.ocn.ne.jp/~emina/

ちなみに僕はINTPで 考えにふけってうわの空の大学教授を絵に書いたようなタイプらしい。。

微妙や。。



トップの写真は新商品用のもの。出来上がったらお知らせします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP