blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« salut!とmobillony | HOME | 嬉しいお客様 »

2008年10月 3日

thanks 6th anniversary

おかげさまで、今月19日にアイロニーのショップが6周年を迎えます。

2階に住みこんで一人でやっていたオープン当初のことを話すと、えーっと驚くスタッフが存在するようになったりして、歴史らしきものも感じられるようになってきました。

店の工事のとき、ファサードにアイロニーの文字が入ったのを見て、フラフラと生きてきた自分からなんか根っこみたいなものがちょっと出た気がして、嬉しい反面、もうフラフラしてられないなぁと繋がれたような気分になりました。

そんなことを思い出しながら、もっと昔の記憶もよみがえりました。

通っていた小学校のすぐ裏にあった校舎よりでっかいクスノキのことです。

つまらない授業のときは、そのクスノキをみてやり過ごしたものです。
その景色は今でもはっきり覚えています。

S田まりちゃんが僕の落とした鉛筆を拾ってくれようとしてオナラをしてしまった事件と同じくらい鮮明に。。


さておき。
クスノキはどっしりと根を下ろしそこから何百メートルも離れたところにまでそれを伸ばしていると聞きました。
暑い日には陽の光に葉っぱがきらきらと反射したり、風が吹けば大きく枝をゆすっていました。

今思うと、クスノキはあの場所から動くことはないけれど、ゆったりととても自由に暮らしているように思います。

風が吹けばその葉っぱはどこへでも飛んでいくことが出来るし、たくさんの鳥たちが羽を休める場所として暖かく迎えることもことも出来る。

あいつ何歳なんやろ。。

最近なぜか時々思い出すので、気になって調べてみたところ、
ネットにもたくさん情報がありました。

十五社(ジゴセ)の森と呼ばれているその木は、一本なのに下から見上げると森の中にいるようだから森と名づけられているようです。

そういえば校歌にそんなそんなフレーズがあったような。。

そしてなんと樹齢700年で近畿で最大の巨木だったそうです。


アイロニーはまだ6歳。

皆さんが温かく育ててくださったおかげであの時ちょっと出た根っこも少しずつ伸びてきました。

葉っぱも増えてきました。


毎年、スタッフみんなでご飯を食べに行っていただけだったのですが、今年はお客様にも感謝の気持ちを形にしたいと思います。

18日と19日に来店してくださったお客様にささやかですが、ポストカードセットをもれなくプレゼントしたいと思っています。

ちらっと覗くだけでも構いませんのでぜひぜひいらしてください。


今後ともアイロニーをよろしくお願いいたします。





  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP