blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« bloom magazine issue 18 届きました。 | HOME | みんなを乗せて »

2008年11月27日

大きな器




アマリリスやシャクヤク、バラなど存在感のある花が店内にずらりと並び美しさを競い合う季節になりました。

例年、仕事に追われ日が変わるまで働いていたのですが、今年は人材抱負でゆとりがあり9時にはひと段落しています。

各ブランドのクリスマス装飾への移行も済み、クリスマスリースのレッスンもあと一回を残すのみ。

来月のキャンドルアレンジのデザインやお正月アレンジのデザインにもゆとりをもって取り組めそうです。

そんな余裕の11月に、ジョンウーの三国志映画のCMの影響か、蒼天航路という漫画が無性に読みたくなって、大人買いして読みました。

なんとなくチラッと読んだことがあっただけなのですが、今の自分にとても有益なような気がして。


そこには、大きな器が描かれていました。

色々なものがそのままの形で入る器です。



花も、仕事も、人も、気持ちも、そのままの形で全部飲み込めるような大きな器に、

アイロニーはならなければいけない。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP