blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 1月って | HOME | 生き残るもの »

2011年1月18日

眠れぬ夜のわけ


いつもクリックでの応援ほんとにありがとうございます。




昨夜は久しぶりに10時間寝ました。

寝るって素晴らしい。


日曜日朝早く起きて祖父の13回忌のために実家に帰省し、

夕方までに芦屋に戻って、夜の新幹線で東京に向かうというスケジュールでした。


田舎は和歌山の高野山のふもとなので雪が積もっていて、法事の最中から3人のわんぱくな甥っ子たちが

ひそひそ声で 終わったら雪合戦な、と勝手な予定を組み込んできました。

ipadで子供がよろこぶアプリをさせてみて逃げ切れると思えたのもつかの間

すぐに極寒の銀世界へ拉致され苦行を楽しみました。


雪の中、おにいちゃんたちに混ざろうとしてこける1歳7ヶ月の息子を見て田舎はやっぱりいいもんだと思ったのもつかの間 芦屋に戻ってから新大阪に向かいました。

そしたらなんと、


20時発の新幹線が。。。
 
 
 


品川に。。。
 
 
 



深夜1時につきました。。


もちろんJRは終わっているので、タクシー乗り場に行くと長蛇の列。。


月曜は仕入れの日で朝3時起き(目標)なので寝ることをあきらめ

35歳久しぶりの徹夜でした。

しかも大きな仕事でとかじゃないところがいけてない。。



しかしながら!おかげで早い時間に市場にいけてなかなかいい仕入れができ

翌日もそれほどしんどくなかったので、まだまだ徹夜仕事もいけると

確認することができたなぁと無理矢理前向きに考えながら久しぶりの睡眠をたっぷり楽しんだのでした。


おかげさまで今日はすっきりした状態で取材も受けられました。

3月に発売される雑誌ですのでまたお知らせします。



いつもクリックでの応援ほんとにありがとうございます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP