blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« きよらかな矛盾 | HOME | オカンに花を »

2011年4月10日

花のちから 6









復興に向けての情報も知れば知るほど悲観的になってしまいそうだけど、

我々が弱気になってる場合ではない。


たくさんの人がちからを合わせてくれた花のちから。

http://justgiving.jp/c/3008

募金額は今209人が参加してくれて1267500円

たいしたもんだ。花のちから。


さて、また新しいことが起こった。


花のちからの花をプレゼントされたというとある女性が南青山店に訪れて

協力して被災地を支援したいと言ってくれた。


よく話を伺ってみると、小林麻耶さんや、皆藤愛子さんの所属するセントフォースという事務所のタレントさんたちが4月15日に表参道ヒルズで行う募金活動の場で、花のちからの花を配布したいと言ってくれた。


いつも直接手渡して一言添えれたらもっと気持ちがつながるだろうなぁとは思っていたけど、まさかこんな形になるとは。。


っていうか、俺がもらいたいやん。


今までは圧倒的に女性が花を手に取っていってくれていただろうけど

男性も、意外と男性の方がナイーブでストレスを感じてるかもしれないから
大きな癒しになるだろう。

そして、あんなかわいこちゃんたちに花をもらったら、俺だったらめちゃめちゃ募金してしまうだろう。

そうだ、してしまえ。野郎ども。


どんなにあっても足りる事はないんだ。


うれしかったことは、いろいろな花の候補を挙げたのだけれど

花の種類はどんなものでもいいので、被害をうけている生産者や被災地の花を配りたいと言ってくれた。


実際、被害の大きいところは出荷すらできていないし、東北の方はこれから出荷されるような産地が多いので今そういう花は少ない。

被害と言えば、あの週の大暴落で、被災地じゃなくても生産者さんたちは、甚大な被害を受けたところが多い。


それでも、被災地にできるかぎりの支援になるように、地域を選んで花を仕入れることにした。



予定では、セントフォースのタレントさん29人が、時間を分けて

表参道ヒルズで日本赤十字への募金集めと、花のちからのURLの入った花1000本にそれぞれのメッセージをつけて配ってくれます。





皆さん、ぜひぜひ受け取りにいってください。


僕もしらこく通りかかってもらいにいこうと思います。
























  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP