blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« ブランドメゾンの桜 | HOME | 経験不足と言われたら »

2013年2月13日

フローリストが腕を競う銀座の花

IMG_0895.jpg


少し寂しい話だが、リーマンショック以降、多くのブランドメゾンの定期装花がなくなってしまった。

幸いうちが取引をさせてもらっている多くのブランドは、装花を続けてくださっているが、

それでも、予算が合わなくなって、担当出来なくなったところもある。


ブランドメゾンに花を見に行って、色々な人が活ける花を見て勉強してきた俺には

非常につまらない昨今。


パリでさえ、見所は少なくなった。

そんななか、銀座には、花が多く残っている。


ブランドメゾンの洗練された空間で有名フローリスト達が腕を競う。

そんな場だと思います。

しかしながら、もともと芦屋店で取引のあるブランドも、東京での定期装花はもとから取引のあるフローリストが担当している。

残念ながら、まだ銀座にはアイロニーの花はない。


パリは遠い。

そんななか、ついにとあるブランドから声をかけて頂いた。


ブランドイメージとアイロニーの得意な花の相性。空間との相性。

どちらも申し分ないお話。


まだ完全決定ではないのですが、順調に行けば、アイロニーの花を銀座でも見て頂くことができるようになるかもです。


アイロニーが俺一人の花屋から、いまのように数名のチームになれたのもとあるブランドの仕事がきっかけでした。

そこにつながったのは、芦屋のお茶専門店のちょっとしたテーブルデコでした。


今思うと、あの芦屋の小さなテーブルデコが東京進出につながって銀座につながったのかもしれません。

このつながりをパリまで切らずに伸ばして行きたいものです。


↓花情報満載。このクリックもパリにつながります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックありがとうございます!! 
 
 


芦屋店スタッフ募集の件、待望の男子スタッフも決定しました!若干名平日見習いスタッフも募集しています。
→ http://www.illony.com/shopinfo/2010/05/post_5.html

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP