blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« パリであなたの花束を 008 Le Meurice | HOME | 美しいバランス »

2016年1月25日

life と work


パリからの帰りの飛行機で観る映画がなくなったので

PCに入れてあったCHEFをまた観た。


この映画が好きだ。


ジョンファブローといえばスウィンガーズだ。この映画も何度も何度も観た。

しかし、今はアイアンマンの監督というほうが有名らしい。

スウィンガーズが実際のクラブなどで営業中にゲリラ撮影しまくりの低予算映画だっただけに

アイアンマンは意外だったけど、このシェフみたいな映画をたくさん作って欲しいなぁと思う。

さて、この映画のことをこのブログに書こうと思ったのは、

フォローしてくれている花屋の男性たちにもぜひ観て欲しいなぁと思ったからだ。


この映画を観ると仕事というのは人生と同じ意味だと強く思う。


ワークライフバランスという言葉がかわいそうに思える。


好なことを仕事にできている人は少ないと人はいう。

果たしてそうだろうかとおれは思う。


そういう人は自分の人生を愛せていないのではないかと思う。

幸せというのは技術だ。

技術なのでだれかに与えてもらうものではなく自分で身につけることができる。

おれがこの映画で 一番好きなシーンは


主人公であるシェフのカールが仕事ばかりで少しもむきあってあげていなかった息子と

フードトラックで旅をしながら厨房の仕事を教えていくときに


焦げたサンドを出そうとした息子に、ちょっと手を止めてこっちに来いというシーンが大好きだ。


カールのセリフも大好きだし、息子の表情と返事が最高だ。

悩むことばかりでも凹むことばかりでもいい。


それでも仕事というものには戦うべき価値がある。

それこそがライフだ。



↓ランキングもがんばってそろそろ1位に返り咲こうと思います。クリックしてみてくださいね!!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!!

谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】「パリクラス」
→ 【日本】「短期ディプロマレッスン」「ビストロアイロニー」
→ 【パリ】レッスンとガイドはこちら
→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください



→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP