blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 先生バスケがしたいです | HOME | 後半戦の展望ともっと先の目標 »

2008年6月 2日

cuisine




ご存知かもしれませんが、アイロニーのショップは8坪弱です。2階の教室をあわせても16坪。HPを見てきてくれた同業者が狭さに驚かれるほど小さい店です。

坪当たりの売り上げは百貨店のファッションフロアと同じくらいだそうです。

しかしながら。仕事場というのはやはり、整然と片付いていて、一つのブーケやアレンジがそれを作るために整えられたスペースで、決まった場所に決まったものがあり、無駄のない動きで、一つ一つに魂をこめるように集中して最高のものを仕上げたい。

厨房で見るあの感じが理想なのです。


今年3月に 近くに倉庫を借りて切花を扱う仕事以外の作業を移してみましたが、追いつかず、これまた近くに8坪ほどの店舗物件を借り、作業の中心を移しました。

そうですついにアトリエが出来ました!

水揚げやイケコミ分の製作など、アトリエですることで しっかり集中していい仕事が出来るようになったし、何より時間によってはごった返していた店がいつでもお客様に来ていただけるような状態を保てるようになりました。

ショップに、倉庫2箇所とアトリエと、それぞれ徒歩圏内ですが離れていると不便なこともあります。今年に入ってどこか広いスペースに移ろうかという話も出たのですが、出来ることならショップは移したくなかったのです。

花屋というのは根がしっかりつくまで時間がかかるいきものだと思います。

5年たってやっとしっかり根をはって成長してきたかなと思うのです。

大通りではないひっそりとした場所ですが、この場所は何か土とか日当たりとか風通しがいいような気がしてならないのです。

いままでせっかく来ていただいたのにじっくり花を見ていただけなかった事も多々ありましたが、今後はゆっくりとアイロニ花を見ていただけると思いますのでぜひぜひお立ち寄りください。

無愛想なアイロ兄さんズではなく、愛嬌たっぷりの女性アイロにゃーズがしっかり接客させていただきます。



そしてそして!スペースが出来たのでスタッフも本気で募集しています。フルタイムスタッフ、パートタイムスタッフ、見習いスタッフ、希望の方は履歴書を送ってください。 詳しくはこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP