blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« いいものが生まれるとき | HOME | ふたつとここのつのこからのおねがい »

2011年9月30日

家庭画報11月号別冊



いよいよ発売になりました。


家庭画報11月号に花贈り特集の別冊があり

全国の24人のフローリストが贈る花を披露しています。


取材に来てくれたライターさんのお話では、知人という知人にリサーチを取ってあがってきた、おすすめのフローリストを24人に厳選して、そのフローリストが自慢の贈り花を披露するという見応えのある内容になっています。


このブログを書いている今は、まだ見ていないのですが、



何より楽しみなのは、他の方々の花です。


ほとんどの方がエロいことつぶやきながらブーケの画像をアップし続けたりはしませんから。笑。


俺のようなひよっこがこういう中に並べてもらえるのは

明るく楽しいスタッフの接客が際立ったからにほかならない、とライターの方からの話を聞いていてわかったのだけれど、

こんなにストイックに仕事ばかりに取り組んでいる堅物の俺のところに、よくもまぁあんなおもしろい人たちばかりが集まったものだなぁと感心します。



この本に載せてもらったことはほんとにありがたくて、

自分んちのテイストのポジションみたいなのが客観的に見れる。

芦屋店の関西でのポジション。南青山店の関東でのポジション。

アイロニーの全国でのポジション。



そして足りないところがよくわかる。



俺の中にある花は変わりようがないのだけれど

どこに立っているかを知っているのか知らないのかで

歩き方は全然変わってくる



もしかしたら他の23人の方の花をみて、

あー、俺のいいところはエロツイートだけだからこれからもどんどん

エロツイートを伸ばしていこう!とかなるかもしれない。


まぁ、でも何より嬉しいのは家庭画報に載せてもらうということは

オカン世代にはとくに嬉しいことらしく


ちょっとした親孝行にもなるのです。


あとは紅白出場さえできれば。



クリックありがとうございます!!


 























  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP